« 電気用品安全法は悪法か | トップページ | 人口自然減確認 »

2006年2月22日 (水)

HPのアガリクスの記事、修正

 uneyamaさんからのコメントをいただいたので、それに対応して、HPの記述をほんの少々追加しました。たしかに、米国がん研究所から金沢大学所属の韓国人に研究費が出ていた。その結果もどこかで発表されているはずなので、探してみたい。

|

« 電気用品安全法は悪法か | トップページ | 人口自然減確認 »

コメント

細切れで申し訳ありませんが、本題の安全性については、食品安全委員会 第131回
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai131/index.html
資料1-1から1-3に詳細が掲載されています。

問題の製品については、キノコにもともと含まれるアガリチンの含量が多いことが疑われているようです。

食品については安全性試験の義務はなく、組成も不明なのが普通ですから調べればこういう例はたくさんあると思われます。

投稿: uneyama | 2006年2月22日 (水) 18時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HPのアガリクスの記事、修正:

« 電気用品安全法は悪法か | トップページ | 人口自然減確認 »