« M6.9でも都内の死者2300人 | トップページ | 牛背骨、やはり日本からの発注 »

2006年2月19日 (日)

「歩行困難牛は骨折」農務長官

2月19日:ジョハンズ米農務長官は、17日の記者会見で、米農務省監査局の報告で指摘されていた、歩行困難な牛29頭が食肉用に処理されていた問題について、「これらの牛については、いったん検査をパスした後、床で滑って転ぶなどして骨折した」と述べた。

|

« M6.9でも都内の死者2300人 | トップページ | 牛背骨、やはり日本からの発注 »

コメント

馬鹿にしてるんですかね?
転びすぎでは?
農務長官の発言とは思えませんね。

投稿: 高校教師(新米) | 2006年2月20日 (月) 16時06分

もちろんです。地位協定を考えても判ります。
しかし、本当にそんなに骨折するのなら、骨粗しょう症を疑う必要もあるし(ババアの牛なのでは?)、BSE以前の問題として大丈夫でしょうかネ?

投稿: プレ隠居オヤジ | 2006年2月21日 (火) 14時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歩行困難牛は骨折」農務長官:

« M6.9でも都内の死者2300人 | トップページ | 牛背骨、やはり日本からの発注 »