« 大林氏のODA戦略論 | トップページ | 米国産牛肉 禁輸長期化 »

2006年2月10日 (金)

タミフル 国内で生産

 抗インフルエンザ薬のタミフルを日本でも生産。現在は、独占製造するロッシュから子会社の中外製薬が輸入して国内で販売しているが、中外が国内生産する方針を決めた。

 日本はタミフルの世界最大の使用国で、世界需要の約7割を占める。05年の国内売上高は352億円。

 中外が05年10月から06年3月に準備するタミフルは1200万人分。輸入だと時間がかかって安定供給ができない恐れがあるために、国内生産することにした。

C先生:タミフル耐性ウイルスを作る国、それが日本だ、ということにならなければよいが。インフルエンザにかかっても、丈夫な大人なら死ぬことは無い。たまにはゆっくり休むのが良い。休む理由を得たと喜ぼう。タミフルは、子どもと老人用に取っておこう。

|

« 大林氏のODA戦略論 | トップページ | 米国産牛肉 禁輸長期化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミフル 国内で生産:

« 大林氏のODA戦略論 | トップページ | 米国産牛肉 禁輸長期化 »