« タミフル 国内で生産 | トップページ | 日本は格差社会か Yes »

2006年2月10日 (金)

米国産牛肉 禁輸長期化

 米国農務省監査局の報告書では、BSE対策で義務づけられている脳、背骨など特定危険部位の除去が適切に行われているか確認できないとも指摘されている。

 石原次官は、報告書について、「消費者は強い懸念をもっており、米政府に対して報告書をどう考え、改善策はどうなっているのか、説明を求めていく」。

C先生:米国の「比較的低姿勢」はまだ維持されている。先日のHPで述べたように、米国は、このようなシステムを末端まで徹底させることが最大の苦手である。そこをしっかりと指摘することは重要。しかし、今回の背骨の件について、日本の誰がそんな発注を出したのか、それが最大の謎だ。誰かが発注しない限り、いくら米国でも輸出をしない。禁止部位であることが分かっていない日本の業者が居るとは思えないので、誰かが恐らく意図的にやったことだと思うが。

|

« タミフル 国内で生産 | トップページ | 日本は格差社会か Yes »

コメント

 BSEがらみの話、いいかげんにやめましょうや。全頭検査も「危険部位」除去も何ひとつしなくたって、変異型CJ病にかかる(死ぬとはかぎらない)日本国民は「100年間にせいぜい1名」。その100年間に、食中毒(原因物質のほとんどは天然毒素)や酒や「健康食品」で命を落とす国民はどれくらいいると思います?
 禁輸うんぬんの件は、「ものを考えない人間」どうしが交わした約束を守るか守らないか‥‥という、幼稚園児レベルの話でしょう。

投稿: 与太郎 | 2006年2月12日 (日) 10時19分

与太郎さん、過去ログ及びHP本体の方読んでませんね。
C先生はBSEが危険とは言ってませんよ。
禁輸は続けるべき的発言は有りましたが、
それは、牛肉中心の食事は環境負荷が大きい
(同じカロリーを生産するために必要な穀物量が多い)
等の意味合いでした。

というかC先生にリスクの話って釈迦に説法もいいとこです(笑)

投稿: matu | 2006年2月12日 (日) 18時10分

今回のアメリカ産牛肉輸入中止を機会に、肉食を減らし、魚野菜中心の地産地消の食文化を取り戻すのが良いと思います。海のブッシュミートとも言うべき鯨肉消費を日本が止めるのが先かも知れません。

投稿: oilyfood | 2006年2月12日 (日) 18時31分

matuさん:
 失礼しました。私はけっして安井先生に向けて書いたわけではなく、「世間」向けのつもりでした。安井先生の胸中は先刻承知です。けれど読み返したら、やっぱり誤解を招くトーンだったかな‥‥と猛省中。

投稿: 与太郎 | 2006年2月12日 (日) 20時38分

日本から背骨付きの肉の発注があったという件について、私はあの業者のコメントは「日本からの発注に(間違って)背骨付きの肉を入れた」という風にとったのですが、どうでしょうか。

投稿: 酒 | 2006年2月12日 (日) 21時02分

>与太郎さん
あうっ、そうでしたか。
申し訳ないです。読み違えました。
新しくblogになったから
こっちだけ見てる人もいるのかしらと
思ってしまいました。失礼しました。

今朝のニュースで
アメリカの牛肉に不安をまったく覚えない人
は3%でした。
それを聞くと、えっと・・・とか思ってしまいますね。

投稿: matu | 2006年2月14日 (火) 19時35分

> matu さん

> 今朝のニュースで アメリカの牛肉に不安をまったく覚えない人は3%でした。それを聞くと、えっと・・・とか思ってしまいますね。

 メディア報道の「大戦果」でしょうね。産官学の一部が「おいしい利権」にしている「CO2 は地球を暖めている」「京都議定書を守るのは善」キャンペーンとまったく同じで。

投稿: 与太郎 | 2006年2月15日 (水) 09時39分

輸入業者についてはこんな記事があります。

http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-409.html

出荷した業者と間接的に?関係が有るようです。

投稿: 酒 | 2006年2月15日 (水) 21時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉 禁輸長期化:

« タミフル 国内で生産 | トップページ | 日本は格差社会か Yes »