« 神戸空港の開港 | トップページ | レジ袋削減守らぬ店に罰金 »

2006年2月17日 (金)

日英、GHGの半減へ共同研究

2月17日:環境省と英国の環境・食料・地方開発省は、共同で二酸化炭素などの温暖化ガスを2050年に半減させるための研究プロジェクトを発足した。小池環境相とフライ英国大使が明らかにした。

 2050年時点で、産業革命後の世界の気温上昇を2度以内に抑えるために、大気中の温室効果ガス濃度を475ppmにする必要がある。共同研究では、エネルギー問題や産業構造、交通手段、人々の暮らし方を検討する。

 6月には、欧州や米国、中国、インドなどの20ヶ国の研究者や政府代表らを集めた研究会を東京で開催する。

|

« 神戸空港の開港 | トップページ | レジ袋削減守らぬ店に罰金 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日英、GHGの半減へ共同研究:

« 神戸空港の開港 | トップページ | レジ袋削減守らぬ店に罰金 »