« 「水からの伝言」とmixi | トップページ | 中国、アフリカでエアコン生産 »

2006年2月16日 (木)

カタールで空前の繁栄

2月16日:ドーハから砂漠の高速道を30分、沖合いで採掘したガスをLNGに加工している。テロの警戒が非常に厳しい。「写真をとってはいけない。車から降りるのもダメ」。

 ガス田が発見されたのは70年代。しかし、顧客が無かった。日本の商社が中部電力に売り込んで、92年に25年間の購入契約を結んだ。

 すでに約150棟の高層ビルが建築中。カタールのGDPは、一人当たり3万6500ドルで、すでに日本と同じレベル。人口は18万人だが、所得税も消費税も無い。給料は生涯にわたり保証される。

C先生:しかし、この繁栄も今世紀中には終わるだろう。22世紀にどのように国を運営するのか、そのための投資をどのように行うのか、長期的な視点をもった政策が必要不可欠である。そのための教育は行われているのだろうか。もっとも、日本だって状況は余り変わらないのだ。トヨタやパナソニックがいつまでもつかそれが問題。未来を見通す必要性については、同じような状況だろう。

|

« 「水からの伝言」とmixi | トップページ | 中国、アフリカでエアコン生産 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタールで空前の繁栄:

« 「水からの伝言」とmixi | トップページ | 中国、アフリカでエアコン生産 »