« 原油、超高止まりの様相 | トップページ | プラごみ分別が切迫 »

2006年3月 7日 (火)

アクセサリーに高濃度の鉛

 スーパーや100円ショップで販売されている低価格金属性アクセサリーの一部に幼児が口に入れると脳神経に影響を与えるほどの高濃度の鉛が含まれていることが、東京都の調査で分かり、都は6日、国に対し法規制や警告表示の義務付けを申し入れた。

 調査は、米国で2月、基準値が定められたことを受けて実施。ネックレス、ブローチ、携帯ストラップなど76点を調べた。含有量は、米国の基準値0.06%を上回ったのが46点と全体の6割、50%超えも32点と4割を占めた。

 21点について胃の中でどの程度鉛が溶け出すかも調査したところ、14点で米国の基準を超えた。

|

« 原油、超高止まりの様相 | トップページ | プラごみ分別が切迫 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセサリーに高濃度の鉛:

« 原油、超高止まりの様相 | トップページ | プラごみ分別が切迫 »