« LNG供給不足で業界不安 | トップページ | HP更新、「環境センス」 »

2006年3月 3日 (金)

米牛肉輸入再開への課題は

 民主党のネクストキャビネット農水相の山田正彦氏。
 「米国のずさんさがあきらかになった。肉骨粉の取り扱いも不十分。日本政府の輸入再開に踏み切った判断は明らかに間違い。米国の横暴さに屈したのだ。しかし、誤解の無いように言っておくが、米国産の牛肉は何が何でも駄目だという訳ではない。NCBAを牛耳る大手業者と米政府の横暴さの一方で、誠実な生産者・食肉処理業者もいる。牛の生年月日の管理や個体識別をきちんとやっている生産団体や、自主的な全頭検査を実施する用意のある食肉処理業者に限って輸入を受け入れるという方法もある」。

 マイケル・ジョン氏(全米肉牛生産者協会NCBA会長)
 「問題の背骨つきの子牛肉は、日本の業者の注文で輸出したものだが、米国内の手続きの責任はすべて米国農務省にある。ただ、これは食の安全に関わる問題ではなく、あくまでも技術的な問題だ。担当の検査官が過失を犯しただけだ。特定のケースについて、恐らく検査官の訓練が十分ではなかったのだろう。日本政府が米国の政治的圧力に押されて、輸入を再開したと日本の消費者が受け取り、結果として米国産牛肉の安全性に対する信頼を失うようなことは我々も望んでいない。我が家では、食卓の中心には、ほとんど毎日牛肉が乗る。牛肉の安全性に対する米国の消費者の信頼性は変わっていない」。

 神保哲生氏(ビデオジャーナリスト)
 「今回の日米合意には、そもそも初めから無理があった。最大の責任は、政府が国民に対して、正確な状況判断のための情報を十分に提供してこなかったことにある。すなわち、政府は『全頭検査をすれば安全』一辺倒だった。しかし、実際には、飼料規制と危険部位の除去が重要なのだ。政府は全頭検査の安全神話に便乗してきた。米国の13州には、食品中傷法という特殊な法律がある。日本ほど自由にBSEに関する報道ができない。批判的な報道をすると、名誉棄損が簡単に成立してしまうからだ。そのためもあって、米国人のBSEに対する意識は低い。輸入再開には、政府の責任で、飼料規制と危険部位除去を担保することが必要不可欠」。

C先生:食品中傷法などという法律があるとは知らなかった。
確かに、13州にあるようだ。もう少々勉強してみよう。
http://www.cspinet.org/foodspeak/laws/existlaw.htm

|

« LNG供給不足で業界不安 | トップページ | HP更新、「環境センス」 »

コメント

学生A: C先生、年間100万トンの、牛の危険部位入り肉骨粉を食べた鶏のフンや鶏舎のゴミ、死骸などが牛に食べさせられていること、多くのプリオン学者が「鶏は異常プリオンたん白を吸収しない」といっていることもご存知でしょうか。

中川農相の閣議決定違反で話題になった、川内博史議員の政府へのBSEに関する質問主意書には抜けてますけれど、死亡「動物」から年間25万トンの肉骨粉も作られていて家畜にまわっています。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163043.htm

その国から、今も日本に向けて、米国牛由来の医薬品も輸入されているそうです。
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c8f51b5f491341c7c757830feda6fa4e

投稿: C先生へ | 2006年3月 4日 (土) 16時21分

学生A:先生、追伸です。
これらの数字は、食品安全委員会のリスク評価計算にはいっさい入ってないそうです。

答弁書には「評価中」と書いてあるんですが、結局数値は一切入ってないそうで、リスク評価の資料としても扱われてないそうです。

投稿: C先生へ | 2006年3月 4日 (土) 16時31分

BSE談義って、「安全の話」ではないでしょう。
吉野家は30年以上前から牛丼を売っているけど、日本で何か事故が起きた? 起きそうな気配でもあった? アメリカでは何か起きた?
山田氏・神保氏・「C先生へ」氏‥‥みんなどうかしていますね。
まぁ、平和といえば平和だし、「検査」でボロ儲けの企業には「おいしい話」でしょうが。

投稿: 与太郎 | 2006年3月 5日 (日) 10時31分

今は「安全の話」では無いようですね。
しかし、全頭検査を検討していた時代には「安全の話」でもあったように思います。要はBSEのことがだいぶわかってきた。

投稿: Tim | 2006年3月 6日 (月) 11時16分

>>Tim さん
それは事情通のまっとうなご意見ですけど、問題は、メディアがまだ「安全の話」一色にしている(日本国民のほとんどがそう思っている)ところですな。残念ながら。

投稿: 与太郎 | 2006年3月 6日 (月) 11時47分

>与太郎 さま
まさしく然り、残念ながらそういうことなのでしょう。
ただ、米牛については、プリオン調査委員会の怠慢もあるように思います。米国がきちんと決まりを守れば安全、という回答を出していましたが、本来ならどの程度決まりを守れるのか、即ち今回の事件のような事が起こる確率も考慮した上で、輸入再開しても良いかどうかを決定するのが仕事であったはず。
そこをさぼっているから。メディアが具体性の無い「安全の話」を掲げ続けているように思うのです。上の方々のような「安全の話」をするのが正義だと誤認しているネチズンが減らないのではと思うのです。

投稿: | 2006年3月 7日 (火) 13時00分

議事録などを見ていると本当にこの通りだと思いますね。

「検査・SRM・飼料という3点セットのいずれもが、これさえやれば完全などというものではなく、相補って安全性を高めている(リスクがゼロになっているとは誰も言っていない)というのは、最初から、多くの消費者団体とプリオン専門調査会の良識派の共通認識です。「全頭検査神話」は「SRMさえ取れば安全」という「SRM神話」を唱える親米外食業者及びその御用学者らが消費者団体に貼った誤ったレッテルという色彩の強いものなのです。」
http://members.jcom.home.ne.jp/harahara/book/bookb23.html

投稿: C先生へ | 2006年3月10日 (金) 18時37分

 8日に、EUが実施していた英国産牛、牛肉、牛肉製品の輸出禁止措置が、導入から10年目にして、ようやく解除されましたが、このことはまったくといっていいほど日本じゃ報道されませんでしたね~。

投稿: 英牛 | 2006年3月10日 (金) 19時57分

英牛さん、共同通信が配信していましたよ。英国は飼料管理を徹底させて、感染の可能性のある牛は「食用にせず全部処分」してきましたからもはや鶏糞やレストランの残飯、牛の血液や牛脂を食べさせまくっている米国よりはよほど安全なんではないでしょうかね。
関連情報です。

少なくとも200の州法が無効に、食品安全の後退を批判=米消費者同盟など
http://www.jc-press.com/kaigai/200603/031102.htm

【狂牛病/vCJD】現行診断基準ではBSE感染牛を食べて発症する「変異型ヤコブ病を見逃す恐れある」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141982565/

【牛肉】日本航空(JAL)、グアム線の乳幼児用機内食に輸入禁止の米国産牛肉を使用
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141992110

【牛肉】米検査官労組の委員長「問題は氷山の一角」「検査する人手が足りていない」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140670659/
牛肉処理 米施設は違反常習 日本政府 記録原本見ず輸入再開
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-09/2006030901_02_0.html
米BSE危険指摘の審議隠し 委員の公開要求無視
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-08/2006030814_02_0.html
農水省、苦しい弁明 米BSE 危険隠し 本紙報道
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-08/2006030801_02_0.html
米牛肉 輸出再開にトリック 企業認証あれば製品条件満たす 日米政府とりきめ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-04/2006020415_01_0.html
米産牛肉「立ち入り検査」なし 輸入再開で日米合意 カナダ産は実施明記
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-04/2006020401_01_0.html

勤務中にゲーム、飲食=食肉検査官に「不適切行為」-米農務省調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060311-00000039-jij-int

ソースが消えないリンクをなるべく選んでみましたが。

投稿: 情報 | 2006年3月11日 (土) 22時59分

【牛肉】骨混入して香港に出荷した施設、去年12月に日本政府が査察済みの施設だった
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142239412/

【牛肉】アメリカ農務省「全面輸入禁止ではない香港は適切な対応」…間接的に日本批判
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142233946/

【香港】香港が米国産牛肉輸入再停止、アメリカ食肉大手製品に「またもや」骨が混入
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142230019/

こんなニュースも。
少なくとも200の州法が無効に、食品安全の後退を批判=米消費者同盟など
http://www.jc-press.com/kaigai/200603/031102.htm

投稿: ほまこ | 2006年3月13日 (月) 19時55分

2005年の記事でメディア派新人と評された福岡伸一氏がまた「プリオン説はほんとうか?」とかいうブルーバックスの本を出しているようです。読んでないのでくわしくは知りませんが、プリオン説に対抗する「ウイルス説」を主張しているとか。
BSEの危険性をあおる発言からの「変化球」でしょうか?
科学者なんだし、ブルーバックスよりは、査読のある論文での発表によって自説を主張して欲しいと思いますが。

投稿: しげみ | 2006年3月14日 (火) 18時02分

しげみさん、最近の論文や報告も、ご覧になられてます?

日本研究者 WHOのvCJD診断基準見直しを提言 vCJD患者見逃しを防ぐため
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06031002.htm

英国 一層の死後vCJD検査の審査へー公衆衛生リスクは検査拒否権を無視できるほどに高いか
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06030101.htm

vCJD発生率の正確な定量評価は現状では不可能ー英国海綿状脳症委員会小委員会
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06020701.htm

 慢性消耗病のシカの筋肉に異常プリオン蛋白質が存在する恐れー米国の新研究
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06012701.htm

日本でも末梢神経から異常プリオン蛋白質が検出されましたが、ドイツでも検出され、それは論文になっていますね。

投稿: 論文といえば | 2006年3月17日 (金) 06時35分

「食の安全」「自己責任」だけでは対応できないBSE・・医療による感染
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c8f51b5f491341c7c757830feda6fa4e

「BSEの危険を煽る」とのご発言ですが、「BSEを過小評価して吹聴する」というのもどうかと思うこともございます。

投稿: 論文といえば | 2006年3月17日 (金) 06時37分

福岡氏の著書に関し、私が「論文を書いて世にとうべき」とおもう、というのは、そうしないと専門家の審査を経ないので、適切な方法を用いた実験に基づいた意見かどうかすら判定できないからです。BSEのウイルス説を主張するなら、ブルーバックスなんぞ書いている暇に決定的な実験結果を示すための方法を考えるべきだとおもいます。

一方、私は別に異常プリオンが危険だという論文はない、などといっているわけではありません。上の「論文といえば」さんは、意図的かどうかは別として多くの視点をごちゃ混ぜにして不要な危機感をあおる意見としては一つの典型だと思います。 研究レベルでは異常プリオンはいろんなところに検出されることはずいぶん前からわかっています。しかしそれらの全てが公衆衛生レベルで危険だと見なされなければならないわけではありません。例えば「慢性消耗病のシカの筋肉に異常プリオン蛋白質が存在する恐れ」があるとして、それが日本人のvCJD発症可能性にどうつながるというのでしょうか?

投稿: しげみ | 2006年3月17日 (金) 09時32分

>例えば「慢性消耗病のシカの筋肉に異常プリオン蛋白質が存在する恐れ」があるとして、それが日本人のvCJD発症可能性にどうつながるというのでしょうか?

ご質問に驚いてしまったのですが、
まず、世の中というものは、鎖国されているわけではなく、こうなっているんですよ。それをよく考えてみてください。

1 肥料、飼料、人の往来に世界の国境はもはやない
2 動物由来、人由来の医薬品も一部、世界の国境はない
3 米国のレンダリングシステム(廃棄部分からの肉骨粉、動物油脂、肉エキス製造システム)から厳密にシカなどの反芻動物が取り除けているかというと、、いまだに違反例が多数ある

4 日本政府は現在も許可されている動物油脂、エキスなどの成分確認は業者の自主管理に頼っている。医薬品ももちろん同じ。

投稿: しげみさんへ | 2006年3月18日 (土) 08時14分

>しかしそれらの全てが公衆衛生レベルで危険だと見なされなければならないわけではありません

ちなみに、今、世界のBSE対策の方針を打ち出しているのはOIEですが、OIEには公衆衛生の専門家はいないので問題であると山内一也教授が言われているそうですよ。公衆衛生に関する声明を過去出したWHOは「感染牛の全ての組織は食物連鎖から排除すべき」と勧告しています。

北米では「食物連鎖」に反芻動物の肉どころか危険部位がいまだに大量に混入している現状がありますが、しげみさんは、それをご存じですか?微量でたやすく感染する性質のものということは判明しているのですが。

投稿: しげみさんへ | 2006年3月18日 (土) 08時29分

皆さんアタマを冷やそうよ。BSE問題って、ひとりの命を数千億円かけて守れるか守れないか‥‥レベルの話じゃないですか? 投資効率があまりにも悪すぎます。
一部の学者さんやお役人の「仕事づくり」には十分なっているとしても。

投稿: 与太郎 | 2006年3月18日 (土) 12時33分

>微量でたやすく感染する性質のものということは判明している

これまでに公表されているvCJDとBSEの関係のどこをどう読むと微量でたやすく感染する、などということがいえるのか非常に不思議です。まさか、脳組織に直接注入する、というようなことを考えているのではないでしょうね?

与太郎さんのおっしゃるように、こうした無意味な心配をあおる発言のお陰で莫大なお金が本来不要な検査などに費やされていることはもっと強調されるべきですよね。

投稿: しげみ | 2006年3月18日 (土) 18時56分

マラリアは年に1億人以上が発病し、100万人以上が命を落としています。レイチェル・カーソン以来の環境屋さんたちがDDTを攻撃し、近ごろPOPs条約なんてものの対象にしちゃったから、使いたくても使えない状況があります(昨年5月の会合で「使用すべき」との意見は出ましたが、グリーンなんかの反対があってなかなか昔にはもどれませんね)。
そんな現実を直視しましょうよ。BSEなんて屁のようなもんです。

投稿: 与太郎 | 2006年3月19日 (日) 11時02分

ずいぶんな屁ですね

狂牛病新論文:感染潜伏者は最大で14000人?輸血や医療器具で感染拡大の恐れ浮上
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06032701.htm

Scientists warn of high rate of vCJD infection ガーディアン
http://www.guardian.co.uk/bse/article/0,,1740397,00.html?gusrc=rss
vCJD transmission 'risk for all'  BBC放送
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/4841078.stm
Warning of Bigger CJD Risk
http://www.redorbit.com/news/health/444653/warning_of_bigger_cjd_risk/index.html?source=r_health
vCJD cases 'may be hidden in population'
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/health/healthmain.html?in_article_id=381135&in_page_id=1774&ito=1490
More people at risk of vCJD say researchers
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/03/27/uvcjd.xml

投稿: コピペですけど | 2006年3月28日 (火) 01時03分

全頭検査、コスト小さい・米食肉加工会社CEO
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0

強烈にずさんな飼料管理をしている上に、まともに感染牛の把握もしようとしない国から、血液製剤をじゃんじゃん輸入してじゃんじゃん使っているのが日本の現状です

投稿: コピペですが | 2006年3月28日 (火) 01時05分

しげみさんって、本当に一面からしかコストのことを考えられないんですね。

日本で20ヶ月以下の牛の検査をやめても1割しかコスト削減できないんですお。
1割をやめたとして、その後の流通の混乱を抑え、流通の区分けをするためにどれだけ新しいコストが発生するか計算してからご発言されたらどーでしょうか。

現実を知らない机上の空論の発言だと思いますが。

日本が全頭検査をしたのは、馬鹿だったからじゃなくて日本も月齢が把握できなかったこと、背割りなどの危険部位除去対策が出来ていなかったこと、背根神経節にいたっては除去できたのが2004年に入ってからやっとだったことが理由です。わかってるのかな?

投稿: コピペですが | 2006年3月28日 (火) 01時08分

うーん、あおってますねー、あいかわらず。
ご紹介のLancet Neurologyの論文をみましたが、これは、要するにcCJDは牛から人には感染しにくいが、人から人へ輸血などを介して感染する場合にはもっと感染しやすく、PrP蛋白のポリモルフィズムの影響もないかもしれない、というものですね。もしそうだとして、それが全頭検査とかアメリカの牛肉の輸入とどういう関係があるんでしょうか??vCJD自体は大変深刻な疾患ですが、この論文と牛肉輸入問題を関連付けるのはあまりに強引ではないですか? 感染潜伏者は最大で14000人?という惹句も冷静さを欠きすぎで、煽ることが目的としかおもえませんが。

BSEに関しては、数年前と現在とでは情報量も求められるべき対応も全然違います。全頭検査を開始したことは、ある時点では適切だったと思いますが、今それを継続するのが適切かどうかは全く別問題ですね。

プリオン病に関する研究は活発に行なわれているのでいろんな論文が出ますが、これまでに発表された報告を基に考えると危険性をことさら煽り立てなければならないとは考えられません。

投稿: しげみ | 2006年3月28日 (火) 17時05分

http://club.giovani.it/.root/media/26213//cheaptramadol.html ">cheap tramadol [url=http://club.giovani.it/.root/media/26213//cheaptramadol.html ]cheap tramadol[/url] http://josh.nu/out.php?ID=18378 ">purchase viagra online [url=http://josh.nu/out.php?ID=18378 ]purchase viagra online[/url] http://rlink.org/2532 ">phentermine 37.5 90 [url=http://rlink.org/2532 ]phentermine 37.5 90[/url] http://cutalink.com/pridesites.com/su.html ">phentermine 37 [url=http://cutalink.com/pridesites.com/su.html ]phentermine 37[/url] http://liteURL.com/?5984 ">50 mg tramadol [url=http://liteURL.com/?5984 ]50 mg tramadol[/url]

投稿: | 2007年5月14日 (月) 01時45分

Hello, Your site is great. http://www.abra1.com http://www.abra2.com">abra2 [url=http://www.abra3.com]abra3[/url] [URL]http://www.abra4.com[/URL] Regards, Valintino Guxxi

投稿: | 2007年8月27日 (月) 04時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米牛肉輸入再開への課題は:

« LNG供給不足で業界不安 | トップページ | HP更新、「環境センス」 »