« PSE関係へのリアクション | トップページ | ロシア大統領、エネルギー論文 »

2006年3月 1日 (水)

ビンテージ楽器買えないの?

 朝日新聞の記事。電気用品安全法の話。

 坂本氏の談話も出ている。「最近気に入っているのは、RMIという70年代に良く使われた電子ピアノ。昔の機材ほどそれぞれ固有の音を持っている。昨今は、コンピュータでシミュレートしたものがかなりの精度で近い音をだすが。。。。。。」

 製品安全課の談話は、「楽器やオーディオ製品が他品目に比べて飛びぬけて安全であるというデータをこれからそろえるのは、ばくだいな社会的コストがかかる。ビンテージものを愛するというのは、心の持ちよう、趣味の問題。製品の技術の話と混同するのはどうかと思う」。

 ジャーナリストの斉藤貴男氏は、この安全法が成立した01年、国会質疑も大枠の質問だけ、新聞報道もほとんどなかった。「重大な影響をもった法案が、めだった国会論戦もないまま、さらっと成立してしまう」。

C先生:この法律が中古品にどのように適用されるのか、その方針もまだ流動的なように思える。単に反対、あるいは、単に厳しく運用というのではなく、法の目的にもっとも合った運用法とはどのようなものかを議論すべきなのだが、この記事では、その気配も無い。

|

« PSE関係へのリアクション | トップページ | ロシア大統領、エネルギー論文 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビンテージ楽器買えないの?:

« PSE関係へのリアクション | トップページ | ロシア大統領、エネルギー論文 »