« もんじゅ後継の増殖炉 | トップページ | HP更新 「環境問題のウソ」のウソ »

2006年4月 1日 (土)

「祈り」は治療効果なし

 最古の医療行為である「祈り」が治癒効果があるかどうか、米国で心臓手術を受けた1800人を対象に研究が実施された。研究資金は、ジョン・テンプルトン財団。

 同種の研究としては6回目で、過去の研究から第三者の祈りが治癒に効果がる可能性が指摘されていたという。

 結果は、むしろ、合併症の発症に関し、祈りが行われていることを知っていた患者の方が、発生率が高いという「マイナス効果」が見られた。

C先生:不思議な記事だ。ジョン・テンプルトン氏は、投資家として有名。科学を宗教と結びつけることに貢献した人を対象に、テンプルトン賞を出している。

|

« もんじゅ後継の増殖炉 | トップページ | HP更新 「環境問題のウソ」のウソ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「祈り」は治療効果なし:

« もんじゅ後継の増殖炉 | トップページ | HP更新 「環境問題のウソ」のウソ »