« 臨界事故 納豆会社に風評被害認定 | トップページ | 経済成長 朝日新聞社説 »

2006年4月19日 (水)

ニッケル高騰、国家備蓄放出

 18日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構は、ニッケル1630トンを放出すると発表。放出可能な全量で、28日に一般競争入札で売却。

 ロンドン金属取引所の価格は、02年初頭までは1トン5000ドルであったが、中国などの需要急増で、1万7千ドル後半まで上昇。一旦下落したが、今月に入って、またまた1万7千ドル台。

C先生:ニッケルは重要な金属だ。防食、エネルギー関係など、環境関連でも重要。備蓄を取り崩すのではなくて、もっと買う時期なのではないか。

|

« 臨界事故 納豆会社に風評被害認定 | トップページ | 経済成長 朝日新聞社説 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッケル高騰、国家備蓄放出:

« 臨界事故 納豆会社に風評被害認定 | トップページ | 経済成長 朝日新聞社説 »