« プリオン専門調査会メンバー交代 | トップページ | 石綿労災、申請8倍 »

2006年4月 5日 (水)

アサリの天敵侵入

 サキグロタマツメタなる巻貝が、近年日本沿岸の広い範囲で見つかっている。中国大陸や朝鮮半島からもたらされた大陸系と見られる個体が、少なくとも10県に生息することを突き止めた。

 被害が深刻な宮城県の海岸では、今春、3年連続で潮干狩りが中止になるぐらいである。

 この巻貝は、アサリの殻に穴をあけて、1匹が年に100個前後のアサリを食べるという。この貝は、日本産と大陸系があるが、大陸系が生息しているのは、輸入したアサリを潮干狩り用に撒いたところ。

|

« プリオン専門調査会メンバー交代 | トップページ | 石綿労災、申請8倍 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサリの天敵侵入:

« プリオン専門調査会メンバー交代 | トップページ | 石綿労災、申請8倍 »