« 雨粒に黄砂びっしり | トップページ | 細胞「自食」でゴミ処理 »

2006年4月20日 (木)

花粉症、16歳未満の3割

 ロート製薬が父母を対象に行ったアンケートで、こんな実態。自分の子どもが花粉症だと思うと答えた人が、30.2%。このうち、両親の少なくとも一方が花粉症であると答えた人は84.1%に達した。

 子どもが花粉症を発症した年齢は、10歳、3歳、5歳の順に多く、10歳未満で全体の4分の3を締めた。

 千葉大学大学院耳鼻咽喉科の岡本美孝教授は、「子どもの発症は増える傾向にある」。「スギ花粉の増加に加え、食生活の変化や大気汚染、ストレスなどの生活環境の変化が影響しているのではないか」。

C先生:もっとも影響しているのが、日本人の体質の変化。そして、次が、余りにも無害化してしまったため、免疫システムが花粉などと遊んでいる暇がある国になったこと。これは事実だと思うのだが、耳鼻咽喉科の先生には、伝わっていないのだろうか。

|

« 雨粒に黄砂びっしり | トップページ | 細胞「自食」でゴミ処理 »

コメント

これだけ民間療法が氾濫するアトピービジネスで、寄生虫療法が流行らないのは、あんまり関係ないからでしょう。

投稿: x | 2006年4月29日 (土) 02時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症、16歳未満の3割:

« 雨粒に黄砂びっしり | トップページ | 細胞「自食」でゴミ処理 »