« 6月8日: プリウス累計50万台 | トップページ | 6月9日: 中国「電力不足」年内に解消 »

2006年6月 9日 (金)

6月9日: 英語脳スイッチ発見?

 ロンドン大学のキャシー・プライス博士、京大の福山秀直教授らは、英語が達者なバイリンガルのドイツ人と日本人合計35名に、文字を見て即答してもらう課題を与え、脳の活動を機能的磁気共鳴断層撮影などで調べた。
 パソコン画面に、2つの単語を連続して示し、両者の関連性の有無を即答する。意味を頭の中で母国語に翻訳せずに英語でそのまま考えないと、対応できない。
 大脳の奥にある尾状核という場所のうち、左側が活発に動いていた。ドイツ人も同じ傾向だった。
 福山さんは、「尾状核は「英語脳」「日本語脳」を切り替えるスイッチ役ではないか。ここが十分に成熟してから語学を学べば、使い分けが旨くできるようになるかもしれない」。
 東大の酒井邦嘉助教授は、「尾状核を含む場所は、言語機能と関係することが最近分かってきている」。

C先生:この実験だけで、尾状核がスイッチ役として働いているのだとなぜ言えるのか、全く分からない。単に、外国語とメタ言語の翻訳フィルターが働いているだけのように思う。
 なぜスイッチだと思わないか、というと、言語スイッチは、話す相手・話す状況によって、自動的に入ったり切れたりする。脳には全く負荷が掛からない。スイッチの動作そのものは、条件反射に近いのだと思う。
 日本人が相手だと、英語で会話をするのが非常に難しい。それは条件反射が起きないため、スイッチが入らないからだと思われる。

|

« 6月8日: プリウス累計50万台 | トップページ | 6月9日: 中国「電力不足」年内に解消 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月9日: 英語脳スイッチ発見?:

« 6月8日: プリウス累計50万台 | トップページ | 6月9日: 中国「電力不足」年内に解消 »