« 6月7日:エネルギー消費抑制が日本の役割 | トップページ | 6月8日: プリウス累計50万台 »

2006年6月 7日 (水)

6月7日: エネルギー戦略「再構築が重要」

 経済産業省のエネルギー白書。中国やインドなどでエネルギー需要が急増し、消費国は権益確保を強化する一方、供給国の間では、資源の国家管理を強めるなどの、国家戦略を見直す動きが活発化している。日本もエネルギー安全保障を軸とした戦略の再構築が重要。

 世界のエネルギー消費量は、2030年には02年に比べ約60%増加し、特に、中国での消費量は、2倍に増加すると見込んだ。
 国内では、需要が伸び続けている民生・運輸部門での省エネ対策が急務である。

 長期的なエネルギーの安全供給と地球温暖化対策には原子力の推進が不可欠として、核燃料サイクルを含む事業も積極的に進めていくと明記した。

|

« 6月7日:エネルギー消費抑制が日本の役割 | トップページ | 6月8日: プリウス累計50万台 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月7日: エネルギー戦略「再構築が重要」:

» ※温暖化対策の手本(環境省):午後8時消灯 日曜出勤も禁止 [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 環境省が先頭に立って、具体的な行動を起こし始めたようです。事細かなことを実行して結果に結びつくと良いと思います。 2.手本とすべき対策1)動機 国を挙げて取り組むべき『温暖化対策』がなかなか進まない。担当大臣をして檄を飛ばし、自ら手本を示...... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 16時22分

« 6月7日:エネルギー消費抑制が日本の役割 | トップページ | 6月8日: プリウス累計50万台 »