« 6月15日: 写ルンです、奮闘中 | トップページ | 6月15日: ETC普及遅れで、高速6社に思わぬ利益 »

2006年6月15日 (木)

6月15日: トイレ 節水競争

 大手2社のトイレが6リットル型になった。トイレの洗浄水量は、これまではTOTOが先手を打ってきた。13リットルが主流だった94年に、TOTOが主力品で10リットル型を出すと、98年にINAXが追従。99年にTOTOが8リットルに減らすと、INAXも01年に実現した。
 今度は、INAXが一足先に6リットル型の「ECO6」を出した。米国では、6リットル以下とする規制が施行されたため、TOTOは6リットル型を開発して、米国でのシェアを伸ばした実績がある。
 日本と米国では、便の大きさ質も違う。日本ではトイレットペーパーの使用量が多く、建物内の配管構造も違う。配管内の汚物を1度で流しきる技術の研究開発を続けてきた。

|

« 6月15日: 写ルンです、奮闘中 | トップページ | 6月15日: ETC普及遅れで、高速6社に思わぬ利益 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月15日: トイレ 節水競争:

« 6月15日: 写ルンです、奮闘中 | トップページ | 6月15日: ETC普及遅れで、高速6社に思わぬ利益 »