« 6月17日: シンドラーにプログラム欠陥 | トップページ | 6月19日: 無料割り箸 危機 »

2006年6月18日 (日)

6月18日: HPをアップしました

 今回、「科学技術と未来社会」に関する本を読んで、科学者が未来をどのように見ているかを議論してみました。
 http://www.yasuienv.net/

|

« 6月17日: シンドラーにプログラム欠陥 | トップページ | 6月19日: 無料割り箸 危機 »

コメント

>B君:システム化をするには、実は、全体観をもてることが必要。それが難しい。それがストレスになる。だから、適切な全体観を把握することを専門とする人間を養成しない限り、科学全体は徐々に困難になるかもしれない。

まだSF小説が全盛の頃に、「宇宙船ヴィーグル号の冒険」という邦題を読んだことを思い出しました。科学が細分化し、スペシャリストが揃っていても、全体をまとめる艦長に求められるのは・・・といった内容でした。(と記憶していますが勝手に書き換えたものかも・・・)少なくとも30年は前のことです。妙に納得したことを覚えています。
今はSFは成り立たない時代でしょうか?人類の未来像を描くのが困難になっているように思います。

C先生、今回の記事は大変勉強になりました。

>C先生:われわれの認識では、国際的な協調と合意が、最近のユニラテラル主義の台頭と一神教間・一神教内の宗教戦争によって危機的な状況にある。2050年までに協調と合意が成立するよりは、むしろかえって崩れる方向なのではないか。

まさしくその通りと思います。

投稿: 環蛙” | 2006年6月19日 (月) 08時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月18日: HPをアップしました:

« 6月17日: シンドラーにプログラム欠陥 | トップページ | 6月19日: 無料割り箸 危機 »