« 7月12日: 英、脱原発を転換 | トップページ | 7月14日: ホンダの野望 環境にはディーゼル »

2006年7月13日 (木)

7月13日: たばこの毒 ダイオキシン似

 朝日新聞夕刊

 たばこを吸うと、猛毒ダイオキシンが大量に体内に入ったときと同じ反応が細胞内で起こる。

 こんな報告を山梨大学医学工学総合研究部の北村正敏教授らが報告する。

 たばこの煙1本分を溶かした液体を使い、マウスの細胞の反応を調べた。国の基準の164~656倍のダイオキシンが受容体に結びついた状態にあたる活性がみられ、タール分が多いと活性も高くなる傾向が出た。

C先生:このところ何もフォローをしていないが、たばこの煙には、実は、相当量のダイオキシンそのものが含まれているはずなのだが。

そこで、2000年ごろに自分で作った古いPPTファイルを見ると(引用先などは忘却)、
・たばこの煙の総ダイオキシン含有量は  5300ng/Nm3
・1本当たりの煙は0.002Nm3/本
・1本あたり総ダイオキシン約10ng
・TEQは実測濃度の1/100程度とすると、ダイオキシンは100pg(TEQ)/本

この全量を体重40gのマウスに与えたとしたら、国の基準値が4pg/kg/日だとして625倍ぐらいになる。この実験結果の説明としては十分????

|

« 7月12日: 英、脱原発を転換 | トップページ | 7月14日: ホンダの野望 環境にはディーゼル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月13日: たばこの毒 ダイオキシン似:

« 7月12日: 英、脱原発を転換 | トップページ | 7月14日: ホンダの野望 環境にはディーゼル »