« 7月20日 靖国のA級戦犯合祀に昭和天皇が不快感 | トップページ | 7月21日: 米国BSE検査、縮小へ »

2006年7月21日 (金)

7月21日: 納豆定食は大腸がんを防ぐ??

 食物繊維の摂取量が極端に少ない女性は、大腸がんになりやすい。厚生労働省研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模な疫学調査の結果。
 食物繊維と大腸がんの関係は、以前から色々と言われているが、どちらかと言うと、その効果には否定的な見解が多かった。しかし、「全く無意味ではない」という結果か。
 具体的には、一日6グラムだと危険性が2.3倍。
 国立がんセンター予防研究部の笹月静室長は、「食物繊維は大腸がん予防という観点からは適当量摂れば良い。むしろ、糖尿病の予防に良いと考えるべきだ」。

C先生:食物繊維の摂取源が出ているが、1位が白米、2位が味噌、3位ニンジン、4位キャベツ、5位納豆、6位リンゴだそうだ。女性に問題がでるのは、ダイエットと称してご飯を食べないからではないか。

|

« 7月20日 靖国のA級戦犯合祀に昭和天皇が不快感 | トップページ | 7月21日: 米国BSE検査、縮小へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月21日: 納豆定食は大腸がんを防ぐ??:

« 7月20日 靖国のA級戦犯合祀に昭和天皇が不快感 | トップページ | 7月21日: 米国BSE検査、縮小へ »