« 7月21日: 納豆定食は大腸がんを防ぐ?? | トップページ | 7月21日: インドネシアで鳥インフル急拡大 »

2006年7月21日 (金)

7月21日: 米国BSE検査、縮小へ

 BSEの検査は、過去2年間に76万頭を検査したが、感染率が低いことが判明しており、今後は、年間4万頭の平常規模に戻す。感染を検知するには、適正規模だという考え方。
 これまでの結果から、「米国全体での4200万頭のうち、4頭から7頭が感染しているという結論になった。大変に低い有病率で、米国の牛は極めて健康」という主張。

C先生:またまた日本で問題視する意見が出るのではないだろうか。全頭検査が安全性を保証しているものではない、という見解が何故共有されないのだろう。

|

« 7月21日: 納豆定食は大腸がんを防ぐ?? | トップページ | 7月21日: インドネシアで鳥インフル急拡大 »

コメント

専門家が説明しなさすぎるってことにつきる。

投稿: AZ | 2006年7月30日 (日) 16時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月21日: 米国BSE検査、縮小へ:

« 7月21日: 納豆定食は大腸がんを防ぐ?? | トップページ | 7月21日: インドネシアで鳥インフル急拡大 »