« 12月30日: キヤノンSED量産工場白紙 | トップページ | 1月3日: 朝日新聞社説 »

2006年12月31日 (日)

12月31日: 輸入食品の残留農薬違反

 今年、ポジティブリストを導入した副作用とも言えるが、食品衛生法違反となる食品の輸入件数が大幅に増えている。

 基準値を超えた件数は11月末までの半年間で昨年1年間の3倍以上。月平均だと約7倍に達する。合計7千トン以上の食品が販売できず、廃棄されたり、輸出国に戻された。

 ポジティブリスク外の農薬の濃度規制値0.01ppmに引っかかる。

 違反件数(6月~11月)は、残留農薬が264件。残留動物用医薬品が119件。

 中国がウーロン茶などと84件で最多。エクアドルやガーナのカカオ豆、台湾がマンゴーなど。

C先生:日本社会なら情報の伝達もまだなんとかなるのだが、他の国では、それもままならない。
 法律違反は法律違反であるが、だからといって、市民側でのリスクが高くなっている訳ではない。以前と状況が変わっていないだけ。

|

« 12月30日: キヤノンSED量産工場白紙 | トップページ | 1月3日: 朝日新聞社説 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月31日: 輸入食品の残留農薬違反:

« 12月30日: キヤノンSED量産工場白紙 | トップページ | 1月3日: 朝日新聞社説 »