« どんな未来が望ましいか HP更新 | トップページ | 2月2日: におい消すステンレス、排除命令 »

2007年1月29日 (月)

1月29日: 千代田区、再開発に新エネルギー義務づけ

 一定規模以上の再開発事業などに対して、太陽光発電などの新エネルギー活用を区独自に義務づける方針を決めた。
 10月をめどに地球温暖化対策条例を制定する。
 対象となる新エネルギーとしては、太陽光発電、風力発電、バイオマス燃料、コジェネレーションなどが候補として考えられる。

C先生:自治体の決断は、今後、ますます重要になる。

|

« どんな未来が望ましいか HP更新 | トップページ | 2月2日: におい消すステンレス、排除命令 »

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月29日: 千代田区、再開発に新エネルギー義務づけ:

» 「発電貯金」ならほっといてもお金がたまる [太陽電池ナビ]
『「発電貯金」ならほっといてもお金がたまる』価格: 1,470円岩堀 良弘総合法令出版 光熱費ゼロ生活を実現する方法! 一部のマニアの設置で始まった日本の太陽光発電。しかし現在、LOHASという価値観の浸透とともに、経済効果から太陽光発電システムの導入を検討する人..... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 10時51分

» シャープ、英国での太陽電池モジュール生産能力を拡大 [太陽電池ナビ]
 2日、シャープは、英国ウェールズ・レクサムの生産拠点であるシャープ・マニュファクチャリング・カンパニー・オブ・UK(SUKM)の太陽電池モジュールの生産能力を今月に現在の110MW(メガワット)から倍増し、年間220MW体制にすると発表した。  SUK..... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 14時56分

« どんな未来が望ましいか HP更新 | トップページ | 2月2日: におい消すステンレス、排除命令 »