« 1月22日: フォルクスワーゲンの新エンジン | トップページ | 1月27日: 三洋洗濯機 発火7件 »

2007年1月26日 (金)

1月26日: テレビの時報

 もともと気付いていたのだが、ますます妙な機器に出会ったもので、一言。

 先日、パソコン用のワンセグのUSBチューナを買った。やっと昨日インストールしてみた。自宅は東京タワーの方向をマンションがブロックしていて状況は悪い。それでも、窓際ならば、それでもなんとかOK。画質を云々しなければ、実用レベル。

 他の地上波デジタルテレビと同じ番組を受信してみたら、やたらと時間差がある。デジタルテレビは多分全部が全部そうなのだが、1~2秒ぐらい処理に時間が掛かっている。だから、NHKの午後7時のように、時計が画面でてくる時報の時間は、実は正確ではなくて、我が家のテレビでも、2秒程度遅れて表示されている。

 基準とするため、アナログ放送を受信して比較すると、このUSBのワンセグチューナは、なんと6秒は遅れている感じである。

 いずれにしても、デジタル放送の登場で、テレビでの時報というものの精度が大幅に落ちたことになる。しかも、均一にずれるのなら対応のしようもあるが、機器によって違うのだとすると、なんとも対応不能。

 技術の進歩は必ずしもすべてが精度向上の方向には向かっていないということだ。すなわち、一部の技術が進歩すると、一部で技術が劣化している。結構皮肉なことなのかもしれない。

|

« 1月22日: フォルクスワーゲンの新エンジン | トップページ | 1月27日: 三洋洗濯機 発火7件 »

コメント

>テレビでの時報というものの精度が大幅に落ちたことになる。
この件に関してはNHK自身が何かの番組でやっていました。「デジタル放送では時報を鳴らしていません」
この件は、デジタル放送と言うものを知っていれば分かることですが、アナログではソース〜放送〜受信〜表示、で済みますが、デジタル放送では、放送の前にエンコード、受信の後にデコードの行程が入るので仕組み上どうしても遅延が生じます。ですが、録画する上では放送内容の情報に基づいて行われるので関係ありません。

投稿: 嘘つきさん | 2007年1月26日 (金) 21時39分

ワンセグでは遅延が6秒もあるのですねぇ
デコードに時間がかかってるのか、ある程度データをバッファにためてから再生しているのかなぁ

↓デジタル放送では時報が無くなるって記事
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060721/117772/

投稿: | 2007年1月27日 (土) 13時56分

>(名無し)さん
>ワンセグでは遅延が6秒もあるのですねぇ
そういえば兄の持っていたワンセグケータイでは遅延は1秒程度でした。
ここからは想像ですが、PCの場合、極端にはワンセグを表示している画面そのものを動画キャプチャーしてしまえば、DRMの効かないデジタルデータを造れてしまうので、その辺の締めをOSがやっているから遅くなるのではないでしょうか。

投稿: 嘘つきさん | 2007年1月27日 (土) 21時08分

私のDVDレコーダには教育テレビで内部時計を校正する機能があるのでそれが正常に働かないと困ります。いずれ電波時計を内蔵するようになるのでしょうか。

投稿: アキ | 2007年1月28日 (日) 11時35分

>アキさん
>いずれ電波時計を内蔵するようになるのでしょうか。
ならないと思います。アナログが停波すれば時刻に関係なく番組を録画するようになりますし、現状でも影響があるのは高校野球の時期くらいですから。春と夏の間は毎日手で時刻合わせをするしか無いです。東芝のはインターネット経由で時刻合わせをする機能を持っています。パナは付いてません。その他のメーカーのは知りません。

投稿: 嘘つきさん | 2007年1月28日 (日) 21時11分

>アキさん
よく考えていただければ教育テレビで時刻合わせする今の方式で
問題ないと分かるはずですが。

投稿: Metal | 2007年1月29日 (月) 00時41分

>デジタル放送の登場で、テレビでの時報というものの精度が大幅に落ちたことになる

そもそも、実生活において秒単位の時刻精度は余り必要ないと思いますが。
ですから、そんなに重大な問題だとも思えません。
NTTの時報は電車の運行などにも係わってくる(確か運転手や車掌はNTTの時報で時計を合わせていたはず)がこれくらい遅れると大変でしょうけどね。

>>ワンセグでは遅延が6秒もあるのですねぇ
>そういえば兄の持っていたワンセグケータイでは遅延は1秒程度でした。

想像でしかありませんが、PCの場合はCPU負荷の瞬間的な激増などが頻繁に起こりますので、そういった状態でデコードが滞っても動画再生がカクカクしにくいように長めのバッファリングを取っているのではないでしょうかね。
他の機器と違ってRAM(仮想含む)もふんだんに使えますので、長めにとって悪いことはありませんからね。

>DRMの効かないデジタルデータを造れてしまうので、その辺の締めをOSがやっているから

それは無いと思います。
というか、オーバーレイ必須とかいった制限がPCに備わるまでは原理的に無理でしょう。
どっちにしても、アナログキャプチャならコピーガードはいくらでもキャンセルできてしまいますので、ワンセグ画質でのキャプチャに関してはそれほど目くじらを立てて制限しても意味がないです。

>いずれ電波時計を内蔵するようになるのでしょうか。

そもそも、デジタル放送は放送電波に時刻情報が含まれているんじゃ無かったですかね?
そうでないと番組表データも流せないと思いますし…

少なくとも家のデジタルチューナ内臓TVは時間狂いませんよ。(ネット接続機能もあるのでネットから時刻補正している可能性も否定派できませんがそのような記述はどこにもありませんでした)

投稿: B-51 | 2007年1月29日 (月) 14時54分

はじめまして
ホームページ&ブログはちょくちょく拝見させてもらってます。

さて、デジタルTVの時刻ですが、B-51さんのおっしゃる通りデジタル放送では時刻情報も一緒に送信されてきます。
精度は標準時±0.5秒です。
これを元にMPEGデコードされていますし、EPGと画面の同期も取ります。
もちろんTV内臓の時計もこれに従ってあわせているので、まず狂わないので時報は不要になりますね。

投稿: 執金後 | 2007年2月 1日 (木) 20時01分

地デジを見るようになって気づきましたが、なんかジャストに
スタートすることが少なくなってる印象を受けます。
x時00分00秒には、コマーシャル(番宣含む)が入っていることが
多いような気が。

投稿: TBDD | 2007年2月 2日 (金) 06時15分

>よく考えていただければ教育テレビで時刻合わせする今の方式で
>問題ないと分かるはずですが。

なぜ?
高校野球で正午に時報鳴らさないと時間ずれるんですけど?
間に雨天中止がなければ、物凄くずれるんですけど?

投稿: kamille | 2007年3月28日 (水) 08時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月26日: テレビの時報:

» 国会召集 中川秀直幹事長の大チョンボ [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
通常国会が1月25日、遂に召集された。 ところが、天皇陛下を迎えての実際の開会式は1月26日になる。 これって、なんか変? というので永田町で聞いてみるとこの原因は「中川秀直自民党幹事長が大チョンボをした結果だ」というのだ。... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 12時04分

« 1月22日: フォルクスワーゲンの新エンジン | トップページ | 1月27日: 三洋洗濯機 発火7件 »