« 1月29日: 千代田区、再開発に新エネルギー義務づけ | トップページ | 2月2日: スターン報告 »

2007年2月 2日 (金)

2月2日: におい消すステンレス、排除命令

 輸入販売の2社に、公取から排除命令がでた。「スメルキラー」というもので、コラムジャパン、とテレビ通販大手のジュピターショップチャンネルが、ドイツゾーリンゲン市にあるジロンカ社の製品を輸入販売していた。

 直径5~8センチの円盤状で受け皿に入れて使用するタイプや、直径2cmで球状でなめて使用するタイプがある。

 「約20畳の空間を消臭」「口に入れると不快なにおいを取り除く」などとPRしていた。

 公取委は、両社に表示の裏づけとなる資料の提出を求めたが、においを消す原理を説明する化学式など、合理的な根拠は示されなかった。

 05年の販売額は、2社で約5億円。

C先生:なんとも。知らなかった。知っていたら、文句を言っていただろう。大体、消臭装置というものが、置いているだけで20畳にも渡って効果を発揮する訳が無い。ファンでも付いていれば別だが。
 調べてみたら、Zielonkaという製品で、1999年に発売されたとのこと。水と空気で消臭という優れものらしい。米国では、食器洗い機に入れる製品を売っていた。同じものは米アマゾンでも売っている。
http://www.naturalcollection.com/natural-products/Dishwasher-Smell-Killer.asp
 ドイツのZielonka-shopでは、せっけんが10ユーロ、ガラスシャーレが40ユーロぐらいで売っている。
http://www.zielonka-shop.com/de/
 どうも日本だけではないようだ。

|

« 1月29日: 千代田区、再開発に新エネルギー義務づけ | トップページ | 2月2日: スターン報告 »

コメント

視聴しているCS番組のCMで次のような商品があるのですが
ドクター水素水
http://www.suisosui.com/index.html
素人目にも怪しさが出まくってます。
ぜひC先生に看破していただきたいのですが。

投稿: | 2007年2月 5日 (月) 00時45分

>ドクター水素水
水商売ウオッチングにもう出てたと思います

活性水素であればすでに議論済み

投稿: Vulkan | 2007年2月 5日 (月) 01時42分

ジロンカ社(ドイツ)のスメルキラーという製品ですね。某巨大掲示板の化学板でも一昨年から専門スレッドがあります。
効果に関しては、ありえない・気のせいという意見に、実際に消えた・消えなかったという体験談が混じっていますが、原理が謎(笑)というのは一致したところです。(個々の製品ごとには、摩擦の効果や唾液分泌の促進等、それらしい説明も提案されています。)
この製品が公取の排除命令を受けたことにつきましては、輸入元が化学/科学を理解しているとは思えないこと、根拠として公取に提出したらしい検査報告書がドイツのものであることなどから、ジロンカ社の責任が大きいと個人的には思っています。
なお、このスレッドからの情報になりますが、ネット通販業者「株式会社アイオン」(*)で検証を行うようですので、結果には注目したいと思っております。
* http://www.rakuten.co.jp/myfriend/1772996/

投稿: あるケミストさん | 2007年2月 5日 (月) 04時28分

↑ アイオンのページから検証云々の文書が消えた模様です。
今、行っても、単なる宣伝・購入ページになっています。

投稿: あるケミストさん | 2007年2月 7日 (水) 00時19分

ケータイWatchの「本日の一品」でスメルキラーが紹介(2003/07/17)されていたのですが、今見ると本文が跡形もありません。いつ削除したんでしょう。画像は残ってますが削除漏れっぽい(本文はGoogleのキャッシュには残ってますが)。 ネットだと自分の都合が悪くなるとこっそり削除できちゃうってのは、メディアの成長上あまりいいことではないと思うけど、ついついやっちゃうんだろうね。まあかわいいもんだろうけど、これが出発点となり、あるある不二家と同じ道が敷かれるような気もする。自分で自分を律するのは事程左様に難しいってことか。

投稿: LM | 2007年2月12日 (月) 23時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日: におい消すステンレス、排除命令:

» ジロンカ といえば [ジロンカ?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 09時34分

« 1月29日: 千代田区、再開発に新エネルギー義務づけ | トップページ | 2月2日: スターン報告 »