« 4月26日:中国、CO2抑制へ数値目標 | トップページ | 4月28日:ガソリン価格じわり上昇 »

2007年4月26日 (木)

4月26日:省エネ技術 新興国へ

 化学・鉄鋼・セメント業界がリストを作成。「環境先進性」に自負。
 アジアのエネルギー需要は、今後30年で1.9倍に膨らむと予想され、原油不足を招きかねないとの懸念が高まっている。このため、今年1がつの東アジアサミットは各国が目標を設定して省エネに取り組むことで合意した。素材業界の取り組みは、こうした動きを民間で支援する形になる。
 例としては、三菱化学、新日本石油のLNGの冷熱を使った炭酸ガスの分離・化学原料化、JFEスチール、溶鉱炉の頂上のガスと圧力による発電、などなど。

C先生:これが、国際政治と絡んで有効に活用されるには、どうしたら良いのだろうか。

|

« 4月26日:中国、CO2抑制へ数値目標 | トップページ | 4月28日:ガソリン価格じわり上昇 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月26日:省エネ技術 新興国へ:

« 4月26日:中国、CO2抑制へ数値目標 | トップページ | 4月28日:ガソリン価格じわり上昇 »