« 4月25日:エチオピアで油田襲撃 | トップページ | 4月26日:バイオガソリン試験発売 »

2007年4月25日 (水)

4月25日:かすむ環境先進国

 日経新聞 「待ったなし温暖化対策」

 日本が苦境。エコキュートに着目。家庭部門が重し。太陽光発電もドイツに抜かれた。3月20日の安倍首相が開催した対策会議の様子。などなどが話題。
 政府が明確な方針を定めて実行に移さなければ、目標の達成はますます遠のくばかりである。

C先生:記述に間違いがある、全く新鮮味が無い、など、日経の記者の温暖化への知識の不足を証明しているような記事。
 削減量未達が現実のものになりつつある現在、未達の場合にどうするのか、その議論をもっと始めよう。
 もっとも、今からやっても、効果の出る方法はある。それは極めて高額の環境税。ガソリンに100円/L以上(LPG、LNG、軽油、重油には掛けない)、大口消費の電気・ガス・灯油に、50%ぐらいの環境税を掛けること。

|

« 4月25日:エチオピアで油田襲撃 | トップページ | 4月26日:バイオガソリン試験発売 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月25日:かすむ環境先進国:

« 4月25日:エチオピアで油田襲撃 | トップページ | 4月26日:バイオガソリン試験発売 »