« 4月6日: 昨年度の新車販売台数ランキング | トップページ | 4月8日:HPはIPCCのWG2の報告 »

2007年4月 8日 (日)

4月8日: 電気自動車、軽なみのコストで

 経済産業省は、電機業界や大学と協力して、電気自動車の本格普及に向けた共同開発に乗り出す。高性能電池の開発などで、2015年を目途に、現在の軽自動車とほぼ同じコストで利用できるようにする技術を開発する。充電スタンドの普及や優遇税制など利用奨励策も検討する。15年までに、科学が現在の15%程度で高性能のリチウムイオン電池の開発が可能と見ている。30年には、より電池性能を高め、500キロを1回の充電で走行できる技術を目指す。

C先生:都市交通の本命をいよいよ本気で開発することになったようだ。しかし、そう簡単ではない。特に、リチウム電池のコストとともに、その安全性が問題になるだろう。500キロを1回の充電で走行できることよりも、長距離走行は、液体燃料と割り切った方が良いと思う。全容量の50%ぐらいの充電であれば、急速充電ができるような電池を開発することも考えても良い。さらに、電池を規格化することで、電池ごと積み替えるといった方法も考慮すべきではないか。

|

« 4月6日: 昨年度の新車販売台数ランキング | トップページ | 4月8日:HPはIPCCのWG2の報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月8日: 電気自動車、軽なみのコストで:

« 4月6日: 昨年度の新車販売台数ランキング | トップページ | 4月8日:HPはIPCCのWG2の報告 »