« 5月30日:出生率1.3台に回復 | トップページ | 5月30日:APEC省エネに数値目標 »

2007年5月30日 (水)

5月30日:2025年以降、全都道府県で人口減

 人口問題研究所の推定。
 2005年を100としたとき、2035年には、沖縄が104.4、東京が100.9で、滋賀、神奈川、愛知と続く。最下位は、秋田の68.3、そして、和歌山71.2、青森73.1、山口73.9、島根74.6の順。

C先生:緩やかな人口減少は、歓迎すべきだが、いささか速いか。過疎地をどうするか、これは大問題。

|

« 5月30日:出生率1.3台に回復 | トップページ | 5月30日:APEC省エネに数値目標 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月30日:2025年以降、全都道府県で人口減:

« 5月30日:出生率1.3台に回復 | トップページ | 5月30日:APEC省エネに数値目標 »