« 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 | トップページ | 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 »

2007年6月24日 (日)

6月24日:HPをアップしました。

 今回のテーマは、その他プラのリサイクルが進むために建設が各地で予定されている、プラスチック圧縮施設のリスク。いくつかの地域で反対運動が起きている。

 色々と検討してみたが、いささか未知の部分は当然ながらあるものの、杉並病と同一視するのは不適切だろうというのが結論。

 今回は前半だけれど、皆さまの直感的な感想を伺いたいところ。

http://www.yasuienv.net/

|

« 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 | トップページ | 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 »

コメント

プラスチックの圧縮施設ではプラスチックが本当に圧縮されているのか?
たしかに製品の体積は減っているから、コンシューマーレベルでは圧縮施設である。しかし素材のプラスチックが本当に圧縮されているかは科学者の目で見れば結論は同じにはならない。
PETの圧縮ブロックを見たことがあるが、どう見ても素材が圧縮されているとは思えない性状だった。(空隙は減少して体積は減っている)
プレスにより変形してしているボトルはどうみてもコンプレッションではなくテンションで変形している。
それにプレス機の圧力だってせいぜい数MPa程度のものだろう。
おそらく、靴、ハイヒールの底やタイヤの接地面のほうがはるかに大きなコンプレッションを受けている。そうすると都会の雑踏がもっともプラスチックの圧縮、摩耗に伴う化学物質にさらされているはず。
圧縮梱包機でのプラスチック製品の動態がコンプレッションなのかテンションなのか、またそのレベルがどの程度なのか、変位がどの程度なのかを解明することなしにリスクを論じても水掛け論にしかならない。
中空品の見かけの体積が減ることをもって素材の圧縮と考えるのは科学者としては疑問。その辺からの解明を是非お願いしたい。

投稿: のび太 | 2007年7月 7日 (土) 17時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月24日:HPをアップしました。:

« 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 | トップページ | 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 »