« 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 | トップページ | 6月30日: 中古品のPSEマーク廃止へ »

2007年6月30日 (土)

6月30日:住みよい国・日本

 日経:大機・小機

久しぶりにニューヨークに行って、部屋に冷蔵庫もないビジネスホテルが3万円など物価の高いのに驚いた。ロンドンでは地下鉄の初乗り運賃が1000円だと言う。
 かつて物価が高いといえば、東京やチューリッヒだったが、今では、モスクワやソウルであるらしい。米英、BRICsなど、元気が良いといわれている国は、ずいぶん住みにくくなっている。
 日本では、20年前に比べて、「かなりよい居住水準、アメリカより短い労働時間、比較的低い物価水準」というように世界の中でも「住みよい国」になった。過労死をどうしてくれると言われそうだが、20年前には、2100時間だった日本人の年間平均労働時間は、今では1800時間。
 OECD30ヶ国の一人当たりGDPランキングの推移は興味深い。80年代前半は、12~13位の「中の上」だった。プラザ合意やバブル期を経て93年には世界のトップになった。しかし、年々順位を下げて、現在では再び80年代前半のレベルに戻っている。
 このままでは日本は衰退すると構造改革や上げ潮路線で尻をたたきたい気持ちも分かるが、「住みよい国」という感覚から言うと、今の日本は80年ごろに比べ格段に良くなっている。ただ、あのころの日本は、アジア諸国から今よりはるかに敬意を払われていたように思う。

|

« 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 | トップページ | 6月30日: 中古品のPSEマーク廃止へ »

コメント

日本の場合、アルバイトやパートといった短時間労働者が非常に増えたために労働時間が均されているのが時短の真相であって、週に50時間以上働く労働者の割合は世界一です。

投稿: 時見鳥 | 2007年7月12日 (木) 23時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日:住みよい国・日本:

« 6月27日: 総務省研究会「端末そのままで乗換え」 | トップページ | 6月30日: 中古品のPSEマーク廃止へ »