« 6月17日:HP更新しました。リスクテーブルが再登場。 | トップページ | 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 »

2007年6月24日 (日)

6月24日:プリウス以外にも専用車

 トヨタは09年に新専用車を発売予定。エンジン排気量は2000~3000cc級で、国内外で年間10万台規模の販売を計画。
 環境意識の強い顧客から一目でハイブリッドとわかる専用ブランド車への要望が強いことから、第二段を投入する。

C先生:どうしてもプリウスよりも大型になるのは、コストの問題。多少高くても買ってくれる程度のグレードでないと無理だと思われている。しかし、本当のところは、ホンダインサイトを4シータにしたような極限の燃費追求車が欲しいところ。理由は、それが2030年の車の未来像になるだろうから。

|

« 6月17日:HP更新しました。リスクテーブルが再登場。 | トップページ | 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 »

コメント

ダイハツのUFE-III発売に期待。

投稿: | 2007年6月29日 (金) 09時10分

電力会社と協力して、ミラクラスのプラグインEVでも作れば良さそうですけどね。
バッテリーでの走行距離は50km程度にしておいて、充電用のロングストローク100ccクラスエンジンでもおまけに付けておけば充電切れでの立ち往生も防止できるでしょうし、コスト的にも高級軽自動車くらいのレベルで充分作れると思いますし。

プリウス式ハイブリッドだと、ハイブリッド機構が複雑すぎて余り小さい車に積むのはコスト的にもサイズ的にも厳しいでしょうしね。

投稿: B-51 | 2007年6月29日 (金) 11時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月24日:プリウス以外にも専用車:

« 6月17日:HP更新しました。リスクテーブルが再登場。 | トップページ | 6月24日:サンゴを襲う「白い死線」 »