« 6月9日:衆議院本会議状はクールビズ駄目 | トップページ | 6月10日: テレビ報道のレベル »

2007年6月 9日 (土)

6月9日:東京都、CO2削減義務化

 日経の記事メガロリポート。

 問題点が3つ。
(1)数値目標や罰則は。もっとも排出量の多い施設はどこか。答えは、大田区にある東京都下水道局南部スラッジプラント。汚泥の処分施設で、2005年度に13万8千トンのCO2を排出。続いて六本木ヒルズ、ブリジストン、王子製紙、東大本郷キャンパス、京王線新宿駅など。
 都によれば、義務化の対象となる大規模施設は1300箇所。工場、オフィスビル、駅、大学などを問わず、一定量の削減目標を課す方針。罰則があるかどうか、決まっていない。
 オフィスビルなどは、最新鋭の設備を入れているので、一段の削減は難しいという。
(2)排出権取引は成立するのか。
 とは、中小企業のCO2削減を進め、この削減分を大規模施設に購入してもらう構想も描いている。
 値段はいくらか。EUでは、1トンのCO2あたり取引価格が2千円程度。日本の限られた市場では、平均8000~1万円といわれている。仮に1トン1万円として、六本木ヒルズの年間13.6万トンの20%削減を全量購入するとすれば、単純計算で2億7200万円。
(3)家庭の協力は得られるのか。
 家計部門が23%を占めている。5月から「省エネルギー促進税制」導入に向けた議論を始めた。税制優遇で消費電力に少ない家庭用器具や太陽光発電の普及を進めようとの構想。

C先生:東京都が真っ先に取り組むべきは、都内のロードプライシングではないか。しかも、燃費別のもの。電気自動車は無料。ハイブリッドは半額、残りは実燃費に反比例した価格を設定。プリウスはカタログデータは35km/L超とトンデモナイが、実際、都内でも20km/Lぐらい走るからこれを基準に。実質5km/L以下の車は、まあ、3000円/日ぐらいでどうだろう。

|

« 6月9日:衆議院本会議状はクールビズ駄目 | トップページ | 6月10日: テレビ報道のレベル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月9日:東京都、CO2削減義務化:

« 6月9日:衆議院本会議状はクールビズ駄目 | トップページ | 6月10日: テレビ報道のレベル »