« 7月8日:HP更新:交通部門での温室効果ガスの削減の可能性 | トップページ | 7月15日:HP更新しました。IPCC-WG3報告書の交通編その2 »

2007年7月14日 (土)

7月14日:久しぶりのニューヨーク

 国連大学の運営理事会のミーティングのために、国連大学ニューヨーク事務所に来ている。
 1975年から2年間ほど、ニューヨーク州の北部、州都のオルバニーの近くでポスドクをやっていたため、勿論、ニューヨークには何遍か来ているが、前回来たのは、恐らく15年ぐらい前ではないか、と思われる。
 久しぶりに来て見て、いろいろなことが変わっていることを実感。まず、安全性が格段に上がったように思える。嫌な感じが余りしない街になった。夜、理事の一人とセントラルパークの付近から国連本部の近くのホテルまで40分程度歩いたが、人通りが非常に多いので、安心。東西に走っている道路は、いささか寂しいので、そこは太めの道路を選択する必要があるが。それでも、マンハッタンの西半分には、まだいささか怖いところが有るとのこと。
 その2:食事の質が改善された。昔のニューヨークの食事は、それこそ米国の食事であって、量だけは多いが美味しくない、のが定評。それがまずまずのところが多くなったように思う。しかし、値段は高くなった。ちょっと洒落たレストランだと、昼でも5000円近く取られる。
 その3:ホテルの値段が高い。確かに広いことは広いが、この値段は大変だ。とても遊びに来て長期間泊まるような値段ではない。
 その4:タクシーもそれなりに親切に。以前は、雲助タクシーが多かったが、最近は、かなりまともなイエローキャブが多い。
 その5:それでもまだ、ごみ袋がかなり道路に出ている。東京では考えられない状況がまだある。
 
 問題は、台風四号。気象庁のHPを見ると、どうも帰りの時間(15日15:25予定)と重なるようだ。果たして成田に着陸できるのだろうか。

|

« 7月8日:HP更新:交通部門での温室効果ガスの削減の可能性 | トップページ | 7月15日:HP更新しました。IPCC-WG3報告書の交通編その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日:久しぶりのニューヨーク:

« 7月8日:HP更新:交通部門での温室効果ガスの削減の可能性 | トップページ | 7月15日:HP更新しました。IPCC-WG3報告書の交通編その2 »