« 8月19日:HP更新しました。京都議定書への対応を再考する | トップページ | 9月2日:家電・パソコンリサイクルの検討 HP更新 »

2007年8月26日 (日)

8月26日:HP更新。予防原則と未知リスク。

 多摩市の廃プラ中間処理施設関連記事の第三弾。

 結構、強行な文章に読めるかもしれませんが、人間の知恵の実態はこんなものでしょう。

 (1)「未知のリスク」に対応することが予防原則ではない。(2)「未知のリスク」に対応することは、資源の無駄である。(3)「未知のリスク」はリスクが小さいために未知なのであり、ある施策を行うかどうかの判断基準としては採用せず、それが「科学的な根拠のあるリスク」に成長するかどうか、慎重にモニタリングするのが正しい対処法。(4)施策を行うかどうかは、「現時点での最善の知識」に依存して判断する以外に方法論は無い。

http://www.yasuienv.net/

 昨夜は、群馬県伊勢崎市の花火見物をしていたが、この花火に伴う「未知のリスク」とは何か、大分考えてしまった。まあ、結論としては、「何かあるだろうが、すぐ対応する必要はない」。実は、数年前、伊勢崎市の花火で、見物人に火傷事故が多発して、中止になったことがあるのだ。風向きが悪かったこと、観客の入れる場所の制限が不足だったこと、が原因。

 付録として、1枚写真を。花火の写真は、マニュアル設定のできるデジカメか、それ専用のセッティングのあるデジカメ以外では撮るのが難しい。通常の条件は、ISO=80、絞りF11~16、シャッター4秒、フォーカス∞、三脚必須といったところのようなので。RICOH GX100にて撮影。簡易三脚だったので、ブレあり。R1032607small

|

« 8月19日:HP更新しました。京都議定書への対応を再考する | トップページ | 9月2日:家電・パソコンリサイクルの検討 HP更新 »

コメント

諏訪小学校と、エコプラザ多摩の
廃プラ中間処理施設の排気口が、思った以上に近いですね。
安井先生も、諏訪小学校が近いことが問題だと
言っていましたが、写真をみると、本当ですね。
これだけ近い位置で、来年1月から排気してよいのでしょうか?

http://www.geocities.jp/haruhino_web/gakkou/gakkou.htm

投稿: 多摩市民 | 2007年8月27日 (月) 12時36分

未知のリスクに関してですが、これは難しい問題ですよね。

ただ、未知のリスクといっても、
・どの程度「未知のリスク」が存在する可能性があるか
・「未知のリスク」でどの程度の影響が考えられるか
ってのはある程度考慮できるかと思います。

例えば、どのような影響があるかまともに調べられていないような施設/行為でも、それが長年にわたって存在したものであれば、重大な影響がある「未知のリスク」がある可能性はかなり低いでしょう。
しかし、それなりの安全性研究などがされてきたとしても、歴史の浅いものに関しては、重大な影響のある「未知のリスク」が潜んでいる可能性も高くなります。

前にも、遺伝子操作作物の件でこういった視点から書きました。
原理的には、昔ながらの交配による品種改良と遺伝子操作は似たり寄ったり(もしくは遺伝子操作の方が安全性が高い)なのでしょうが、遺伝子操作は歴史が浅いために、現時点で考慮もされていないような「未知のリスク」が潜んでいる可能性は、交配よりも高いといえるでしょう。

このようなことは、環境汚染関係でも言えると思います。
俳プラ圧縮施設は、焼却施設よりも歴史は浅いですから、何らかの重大な「未知のリスク」が潜んでいる危険性は多少高いでしょう。
周辺住民からしてみれば、そういう部分に脅威を感じるのも無理は無いと思いますよ。

ただ、こういったものは、解らないからと言ってまったく手を付けなかったら結局解らずじまいです。
その施設や行為が、必要なものなら、慎重に監視しつつ操業してゆくしか経験をつむ方法はありません。

これも遺伝子操作作物のときに書いたものと同じ結論なのですが、結局のところこういった「新しい技術」は、いきなり大規模に展開せず、慎重に監視しつつ、徐々に規模を広げて行くのが正しい方法なのではないでしょうかね。
産業革命以降は、こういった新技術の普及スピードが速すぎて、「未知のリスク」を検証する時間が足りていないような印象は強いですね。
#まあ、産業革命以前のようなスピードまで落とせとは言いませんが、もう少しゆっくり展開しても良いのではないかと思います

投稿: B-51 | 2007年8月27日 (月) 15時30分

安井先生は週刊ダイヤモンドで「リサイクルしてもあまり意味の無い、その他プラスチックなどは、全量焼却でもいい。」と答えられていましたが。多摩市の廃プラ施設には随分肩入れされるのですね。
どちらが本音なのか凡人には理解できません。

投稿: 聖が丘 | 2007年9月 1日 (土) 20時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月26日:HP更新。予防原則と未知リスク。:

« 8月19日:HP更新しました。京都議定書への対応を再考する | トップページ | 9月2日:家電・パソコンリサイクルの検討 HP更新 »