« 10月6日:小店舗も排出量取引 | トップページ | 10月6日:釧路湿原のタンチョウ、50年前から水銀汚染 »

2007年10月 6日 (土)

10月6日:化学物質の影響、子供10万人調査

 環境省、09年度から12年程度実施。ダイオキシン類や水銀、鉛などの身の回りの化学物質が子どもの発育や健康にどのような影響を与えるかを調べるために、環境省が大規模な疫学調査を09年度から実施する。学識者による検討会を設置した。

 10万人程度の子どもを生まれてから12歳前後まで追跡する。先天異常のほか、精神・神経の発達障害、アトピーや小児ぜんそくといったアレルギー、学習障害などのと関連を調べる。

 その際、食事内容や家族構成、経済状況、居住地の気象条件や騒音などの生活環境も調べ、化学物質以外による影響を取り除くようにする。

C先生:親による教育をどう評価するか。究極ともいえるこの要素が入っていないのが最大の問題点ではないか。

 最近のように、環境からの影響が食事内容や親の喫煙などからの影響よりも少なくなった状況で、いまさらこのような調査をやる理由が良く分からない。

 ダイオキシンに注目するのなら、毎度言っているように、1970年ごろにもっとも曝露は高かったのだから、そのあたりに生まれた年齢層の調査をやるべきなのではないか。

 さらには、大阪府能勢町でのダイオキシン大量曝露の被害者のフォローをきちんとやることが重要なのではないか。

|

« 10月6日:小店舗も排出量取引 | トップページ | 10月6日:釧路湿原のタンチョウ、50年前から水銀汚染 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月6日:化学物質の影響、子供10万人調査:

« 10月6日:小店舗も排出量取引 | トップページ | 10月6日:釧路湿原のタンチョウ、50年前から水銀汚染 »