2006年6月 3日 (土)

6月3日: ボーダフォンコネクトカードに転向

これまで、国内出張先や都内など、出先でのインターネットへの接続には、b-モバイルを使用してきた。現在は、Willcomという名称になってしまったが、DDIポケットAir-H”のPHS電波を使っての通信網で、最大、4本の電波を束ねて、128kbpsの通信速度があるというものである。

まあ、それなりに役に立つのではあるが、このb-モバイルを使い始めた4年前あたりと比較すると、このところ、
(1)メールに大きな添付ファイルをつける人が多くなった。これはPHSの敵である。
(2)Webページもどんどん重くなる傾向にある。Flashの動画があるのが、当然という感じになった。

b-モバイルの更新をすることも考えたのだが、いささか高い(年間7.5万円ぐらい)こともあり、別の方法を探してみることにした。

一番正統的な方法論は、3G携帯の通信カードを使うことだろう。Fomaデータカード、ボーダフォンコネクトカード、auデータ通信カードなどが揃っている。通信速度は、Fomaとボーダフォンが384kbps、auは2Mbpsである。価格的にも余り違いは無い。かなりの無料通信分が付いていて、auが速度の速い分多少高いか、という程度。

選択したのは、ボーダフォン。
http://www.vodafone.jp/data_card/
理由は、海外ローミングが可能だからではあるが、2円/kBと非常に高いので、使うかどうかは疑問だ。無いよりはあった方が良いだろうということで、選択した。

海外ローミングだが、2円/kB程度の価格というと、一体どのぐらいの料金になるのだろうか。Webメールのページを開けるところまでで45kB分のパケットを受信する。90円。もしもメールソフトを使うと、3kB程度のメールを4本受信するだけなのに、パケットとしては、25kB程度を使用。75円。添付ファイルの付いた5MBのメールを受信すると、それだけで1万円である。どう見ても非常用にしか使わないだろう。

これまで国外の空港でどうしてもメールを見たいときには、まずビジネスクラスのラウンジにあるパソコンを動かしてメールのチェック。返事が必要となると、このパソコンでは日本語は読めるけど書けないので、自分のパソコンをiPassによる無線LAN(20円/分)に繋いで返事をする。この接続ができない場合だと、1000円ぐらい払って、無線LANサービスに繋ぐ場合も多かった。このコネクトカードによる国際ローミングも、その代役といった程度には役立つかもしれない。

これから売り出されるFomaデータカードは、海外ではGSMの電波を受けることができるようなので、本当は、こちらかとも思われるのだが、料金なども発表されていない。

コネクトカード自体のお値段は、2年間契約をすると、通常価格は4800円ぐらいだと思うのだが、1800円だった。これは安い。

さて、ボーダフォンコネクトカードにも3種類の料金プランがある。今回は、2年割引で6300円/月のミドルプランを選択してみた。これだと、月に183MB分の無料受信分が付いてくる。多分、この無料分を全部使い切ることは無いだろう。この下のプランでは39MB分の無料分が付いて、4570円程度。両プランの差額で使えるパケット量を加えると、6300円で48MBぐらいという計算になる。毎月、これ以下の使用量であれば、下の料金プランに変更することにして、ミドルプランから始めてみた。

さて、ドライバのインストールなどは普通にできた。特に問題もない。そこで、テストをしてみると、何の問題も無く普通に動く。

製品にはもう一枚CD-ROMが付いてきていて、国際ローミングサポートCD-ROMと書いてある。国際ローミングをやる可能性もあるので、これも導入するのか、ということでインストールしようとしても、エラーがでるだけ。

販売店(渋谷センター街近く直営店)の店員は何も言っていなかった。何か変だ。

そこでWebを調べてみると、なんとなんと、2006年4月1日に、ユーティリティーソフトがVer.2になっていて、これをダウンロードしてインストールすれば、国際ローミングもOKになるということだ。

それには、古いVer.1のソフトをアンインストールしなければならない。面倒。最初からVer.2でよかったのだろう。店員にそう言って貰いたかった。多分、余り売れない商品なので、知らないのだろう。不要なCD-ROMは付けないで欲しい。

悪口を言ったものの、このユーティリティーも、一旦動作するようになると、通信したパケット量表示など、旨くできていて使いやすい。

さて、問題は速度。理論値は384kbpsだが、いわゆるベストエフォートというものなので、実速度は不明。

たまたま8本で5MBほどのメールが届いていたので、テストのつもりで受信してみた。所要時間は、5分を少し切る程度であった。もしも384kbpsという速度が出ていたとすると、2分30秒以内には受信できるはず。どうやら200kbps近い速度が出ているようである。

b-モバイルの場合だと、理論値は128kbpsなのだが、実際には、非常に遅い。1MBのメールの受信には、4~10分を覚悟するのが普通だった。40kbpsから16kpbsといったところが実際の速度であるように思える。

b-モバイルにあって、ボーダフォンコネクトカードには無い機能が、無線LANへのローミングである。b-モバイルだとほとんどすべての無線LANサービスに無料で入れた。ただし、羽田空港、成田空港の無線LANは駄目。

b-モバイルを使っていると、余りにも遅いので、要所要所で無線LANに繋いで、Webを見るとか、あるいは、大きな添付ファイル付きのメールを取るといったことが必要だった。

さて、結論。通常にWebを見る限りにおいて、ボーダフォンコネクトカードの200kbpsといった速度でも、特に問題は無いように思える。メールも大きな添付ファイル付きのものをはじけば、それなりに十分だろう。

このまましばらく使ってみるが、もしどうしても無線LANが必要になれば、基本料金が210円/月で、1日299円というサービスもあるので、これでやるのが良いのかもしれない。
http://www.tripletgate.com/wirelessgate/

いずれにしても、2年契約をしてしまったので、解約は早くても2年後。それまでに新しいシステムが出現すれば、また考えるという方針で行こう。

| | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

怪:無線LANでCD-ROMが動作せず

訂正:5月3日。なんとなんと、内蔵の無線LANでも、同様の現象が出ることがあることが判明。なぜかUSBマウスの動きが悪いので、どうしたのだろう、と思っていたら、CD-ROMを読めないことが判明。ということは、無線LAN全体の話かもしれない。以下のように記事を訂正します。Buffaloさんの責任ではないかもしれないので、ここで陳謝。

 色々と探したのだが、この話、インターネット上のどこにも見つからないようなので、記述をすることとする。

 まず、パソコンの機種であるが、Panasonicのレッツノート、CF-T4Gのレッツ倶楽部特注品。他の機種は試していない。

 無線LANからの電波が動作を狂わせるといった話では勿論ない。ドライバー同士がリソースを奪い合って干渉している感じの話。よくありそうではある。

 まず、CD-ROM(DVDを含む)は何でもそのようになるようだ。現在、3種類を確認済み。

 無線LANアダプタは、当然のことながら、USBで使うものであって、今回、問題にしているのは、内蔵の無線LANとBuffalo製のWLI-U2-KG54という機種である。

 症状はこうである。CD-ROMをUSBに接続すると、一応、動作を開始する。そしてエクスプローラで見れば、ドライブの存在自体は見える。しかし、それを開こうとしても、何も起きない。通常、CD-ROMの容量や名称などがエクスプローラで見ることが可能であるが、それも見えない。

 この症状に出会ってから、色々と原因を探った。やっかいなことに、CD-ROMは正常に動作する場合も多い。職場では、有線LANに繋いでいることも多く、動作したりしなかったり。自宅では、USBタイプの無線LANを使うこともあるが、組み込みの無線LANを使う場合もある。理由は、職場では、無線LANを無効にしてあるので、自宅に帰って休止状態にあるノートパソコンを復帰させ、もっとも速く無線LANに繋ぐ方法が、USB無線LANを刺すことだからである。使ってみると、なかなか便利なのである。もともと、このUSB無線LANアダプタは、消費電力のテスト用に買い込んだものであったのだが。

 さて、CD-ROMが動作したり、動作しなかったりという状況で、何が原因なのか、さっぱり分からない状態が続いていた。USBからの給電が不足なのか、などとかなり様々な可能性を消去したのだが、どうしても分からなかった。

 そして、少々暇があったときに、最後の手段だ、とUSBそのものをシステムから削除してみた。そして順番にデバイスドライバーを入れていったときだ。無線LANを繋いだときに、「リソースがバティングしている」というメッセージをXPが出してきたのだ。

 ここまで分かれば、90%ぐらいは無線LANが悪いことになる。そして、復帰させるのも簡単であることが分かった。無線LANのデバイスを削除して、リブート。そして、CD-ROMを普通に使えばよい。それから無線LANを繋げば、しばらくは動く。しかし、無線LANを繋いだ状態でリブートすると、またCD-ROMが読めない状態になる。

 どうしてこんな状態になるのか、検討を続けたい。

| | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

DIMEの必携モバイルBest5

 久々にDIMEなどを買ってみた。必携モバイルBest5なる記事に興味があったため。
「ビジネスマンがカバンに入れておきたいモバイル機器とは?」

 そのランキングは、
第1位:ノートパソコン
第2位:デジカメ
第3位:デジタルプレイヤー
第4位:電子辞書
第5位:ICレコーダー

 面白いのは、それぞれのジャンルについて、DIMEが重視するポイントが記載されていること。

 それぞれについて、いくつかの製品が掲載されている。そして、明確にそう書いてある訳ではないのだが、額縁に写真が入っている製品がお奨めのようだ。

 実は、第5位を除いて、私自身のかばんには、いつでも第1位から第4位までの製品が入っている。したがって、かなりこれらの製品の選択にはうるさい人間である。DIMEと同じ判断基準のものもあり、違うものもあり。少々比較してみたい。

ノートパソコン: DIMEの3つのポイント
(1)頑丈
(2)駆動時間
(3)軽さ
私見:ほぼ同意。
 現用機器は、DIMEのお奨めLet’s NoteのT4G。初期型に80GBのHDDを特注したもの。軽さが欲しいときには、軽量バッテリーを使うことも可能。しかし持っていはいるものの使ったことが無い。これで、Let’s Note R1,T1,T2と過去3機種を使ってきたが、特に文句は無い。強いて言えば、バックライト交換サービスなどの長寿命化サービスを導入して欲しいことぐらい。

 DIMEの記事批判:NEC Lavie、Dynabook SXは、まずまず妥当。FMV Looxは特殊用途だ。ちょっと興味はあるが。VAIO TypeSは、余りにも重い。本当にかばんに入れたことがあるのだろうか。

デジカメ:DIMEの3つのポイント
(1)ブレ補正機能
(2)光学ズーム
(3)撮影可能枚数
私見:(1)は重要。デジカメでもっとも重要なのは、これ。(2)は、3倍もあれば日常用途には十分。(3)撮影可能枚数は余り問題でない。それは、単3型電池使用のものを選択すべきだからだ。
 私的3つのポイント
(1)ブレ補正機能
(2)単3電池使用可能
(3)小型軽量
 現用機器は、Lumix LS-1。極めて安物の400万画素。いつも持ち歩くには十分。海外旅行用にはズームがもうちょっと欲しい。本気で写真を撮るときには、やはり一眼デジカメを持ち出す。
 単3型電池は、もちろん最近性能向上が著しいNi-H充電池である。デジカメには、三洋のEneloopをお奨め。自己放電が少ないので、大容量Ni-Hよりも却って長持ちする。
 かばんに入れる目的なら、単4型Ni-H電池使用の超小型デジカメが欲しい。もちろんブレ補正機能付き。2.4~3倍ズームぐらい。単4使用可能なモデルは、現存はするのだが、安物玩具デジカメしかないのが現状。

デジタルプレイヤー:DIME3つのポイント
(1)データ容量
(2)画面サイズ
(3)駆動時間
私見:このポイント選定はおかしいのではないか。パソコンを持ち歩くのが前提であれば、データ容量などは無関係。8時間分程度入れば十分。パソコンのHDDを大容量にしておけば、いつでも入れ替えれば良いだけ。
 画面サイズだって、いざとなれば、パソコンを使えばよいのだから、問題は、駆動時間ぐらいではないか。
 私的3つのポイント
(1)単4型電池使用
(2)小型・軽量
(3)WMAが再生可能
 現用機器は、CREATIVEのZEN Nano 1GBモデル。単4型Ni-H電池1本で14時間程度は持つ。ただし、電池としてEneloopはお奨めしない。1日の使用時間が長い機種は、高容量のNi-H電池が良い。
 この製品だが、イヤフォーンが安物なので、交換をお奨め。以前は、ソニーのネックストラップ型を使っていたが、見事に壊れた。現在は、パナのものだが、なんとなく耳との相性が悪くて今ひとつ。
 iPOD nanoが単4Ni-H電池で動けば買いたい。

電子辞書:DIME3つのポイント
(1)画面文字数
(2)電池寿命
(3)軽さ
私見:これも妙な話。(1)画面文字数が必要になるのは、デスクなどでの使用中のこと。持ち歩いてちょっと使う場合には問題にならない。デスク用には、デスク用のフル仕様の電子辞書を買うか、あるいは、パソコンに本格的な辞書を入れておけばよいだけ。(2)電池寿命も問題にならない。十分に持つ。2ヶ月ぐらいは平気である。電子辞書は多くの場合、単4型が使用可能で、スペックに書いてなくても、Ni-H充電池が使える場合が多い。
 私的3つのポイント
(1)軽さ
(2)機能
(3)中国語、韓国語を含む多国語
 現用機器は、ソニーの「EBR-S8MS」。DIMEに掲載されている写真は「EBR-S8MS」でない。EBR-500MSか何かの間違い。この機種、仕様外であるが、Ni-H電池が使える。Eneloopをお奨め。十分長期間持つ。
 この機種の機能で気に入っているのは、アルファベットであれば、何語かを意識しないで入力可能であること。マルチ検索機能という。ガーラ湯沢というスキー場があるが、あのガーラとは何か。galaというスペルだとしたら、ドイツ語、フランス語、スペイン語などでお祭りという意味みたいだ、といったことが分かる。
 欠点は多数ある。バックライトが無い。語数が少ない。しかし、携帯用としては十分。

ICボイスレコーダ:DIME3つのポイント
(1)収録時間
(2)小ささ
(3)軽さ
私見:収録時間はこれまた妙な話。余りにも短いと困るが、電池が余り持たないのだから、電池を予備を含めて3セット程度を持っていたとしても、それ以上の収録時間があっても仕方が無い。ご推奨らしいパナソニックのRR-US900だが、電池の持続時間が8時間。その3倍の24時間以上の録音時間があっても無意味。仕様では67時間録音可能というが。
 私的3つのポイント
(1)USBでパソコンへの転送のしやすさ
(2)音楽ファイルの再生能力
(3)小型軽量
 現用機器はなし。オリンパスのV-50を理想的だと思って購入したのだが、USBの仕様がFullSpeedで遅いので、全く実用にならない。めったに使用しない。

全体的な感想
 この記事を読んでDIME推奨商品を買う人は、やはり裏切られたと思う可能性が高い。まず、モバイルの基本は、パソコンを中心に据えるのかどうか、なのだ。理由は、重い、高い、多機能なのだから、どうせ持つのであれば、これを十分に使いこなしながら、その能力では不十分なところを他の機器に依存するのが正しい。

 DIMEのご推奨の機器の総重量を計算してみると、
 デジカメ        168g
 デジタルプレーヤー 157g
 電子辞書       290g
 ICレコーダー      65g
 合計          676g
これには相当なる体力が必要だ。

 ちなみに現用機器の重さを実測したら、
 デジカメ        200g
 デジタルプレーヤー  40g     
 電子辞書        98g
 ICレコーダー      48g
 合計          384g
これでも重いのだ。軽量デジカメ(単四使用、手ブレ防止、3倍光学ズーム)を誰か作って欲しい。

ICレコーダーを持ったときには、デジタルプレイヤーは置いていくので、いずれにしても340g前後。

 もっとNi-H電池を使った機器を推奨すべきではないだろうか。デジタルプレイヤーのように毎日使っていると、1年足らずで、Li電池はヘタって来る。そうなったときの出費は4000~6000円か。デジカメでも同様。スペアのリチウム電池を買うと、やはり4000円の覚悟が必要。そのデジカメを長く使うのであれば、余り問題はないが、どうも、一眼デジカメまで行かないと、結果的に中途半端で満足できず、そのうち買い換えるのではないか。将来、ビンテージデジカメになるものになる製品はほとんど無いかもしれないが、リチウム電池で特殊形状のものを使う機種は、どうもビンテージになる資格を最初から放棄しているように思える。

 色々と考え直してみたら、どうもDIMEの記者は、ビジネス用途を考えていないのではないか、と思い始めた。電子辞書の推薦文に、「ムーディーな暗めのレストランで食事を注文するときにも活躍しそう」とあり、iPODの推薦には、「150時間もの動画を保存できる」とある。要するに、遊びのための製品の選択をしているのだ。なるほど。それなら、本記事の最初の言葉、「ビジネスマンがカバンに入れておきたいモバイル機器とは?」というものを、「ビジネスマンが、主として遊びのために、しかし、ときには仕事のためにカバンに入れておきたいモバイル機器とは?」と直すべきだろう。

| | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

MIMOの性能検定 その2

 MIMOは性能は良さそうだが、PCカードの消費電力が大きく、ノートパソコンが壊れそうなほど熱くなることを報告したのが前回。

 そこで、消費電力を測ってみることにした。同時に、アクセス速度を推定するために、ファイルの転送実験を行った。

 まず、消費電力であるが、手持ちの消費電力計では、精度が低くて測定不能だった。様々なものを測る可能性があるので、ここでやや高級な消費電力計を購入した。

 株式会社システムアートウェアという広島の会社が作っているもので、型番がSHW3A。NTT-ATとかTERESなる会社がインターネットで販売している。
http://www.keytech.ntt-at.co.jp/environ/prd_5004.html
http://www.teres.co.jp/ahp/

 パソコンの消費電力を測ってみると、まず、電池に充電に行くので、電池は外す必要があることが判明。さらに、CPU、HDDなどの動作が変わるので、めまぐるしく消費電力が変わることが分かった。そこで、1分間メーターを眺めていて、最低値を消費電力とすることにした。

 さて、MIMOに内蔵の無線LANだけでは面白くないので、USBに繋ぐアダプタも入手。BuffaloのWLI-USB-KB11なるモデル。¥3170円。

 結果は次の通りである。
内蔵11g  1.3W
USB     2.7W
MIMO    3.9W

 仕様書によれば、USBが1.55W、MIMOが2.3Wである。実測値は仕様よりもかなり消費電力が多い。それは何故???

 次に、ファイルを転送する速度を測ってみた。125MBのファイルを転送するのに要する時間である。

条件1:ルータから2mという至近距離
内蔵11g  254秒
USB      77秒
MIMO     42秒

ちなみに、11b仕様のカードでは、250秒であった。内蔵11gは何故遅い?

条件2:10mほど離れた部屋で、途中にガラスドア、木製ドア、があり、直線上にコンクリートの壁あり。
内蔵11g  208秒
USB     152秒
MIMO     81秒
11b仕様  接続不能

 MIMOは遠くても強いか。うんうんそうだろう。 あれ?? 内蔵11gの転送速度が、遠い部屋の方が速くなっている。これは、条件1が余りにも無線の強度が強くて、通信がうまくいかないのではないか。

 そこで、手で覆ったりしてみると、なんと転送速度が上がるのだ。どうやら、今度のMIMOのルータの電波は強力すぎるのかもしれない。余り近いところで内蔵11gを使うのは考えものだ。

 しかし、離れた部屋でもインターネットにアクセスすることができるようになったので、一応の目的は達成。現在のところ、内蔵11gでは近いところでかなり遅いので、通常、USBのアダプタを刺してネットワークに繋ぐことにした。MIMOは、熱くなりすぎる。壊れるのではないかと思ってしまい、やはり怖くて使えない。

| | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

元のHPの紹介

これまで書いてきたHPのURLをご紹介します。本名で書いておりますので、素性が分かることでしょう。

http://homepage2.nifty.com/mobile_net/

やはり、HPを作るのはやや面倒なもので、このモバイルネットのページは余り更新頻度が高くありませんでした。これからは、気軽に更新できそうです。もっとも種があればですが。

環境問題に興味がおありでしたら、

http://www.yasuienv.net/

もよろしく。著書のプレゼントもあります。

| | トラックバック (0)

速い無線LAN MIMOの使用感

昨年まで使用していたパソコンは、PanaのCF-T2であった。無線LANはあったものの、11b対応までで、要するに遅かった。家で使用するとき、母艦との通信速度が充分でなくて、ファイルの転送や共有プリンタへの印刷が遅かった。

年末から、CF-T4に切り替えたため、無線LANは11g対応になった。5倍ほど早くなったはずである。しかし、どうせ改良するなら、徹底的に信頼性の高いものを導入したかった。なぜか。それは、居間においてある無線ルータだが、見栄えを気にして、戸棚の中にしまっていて、少々離れると、電波が非常に弱くなる。加えて、鉄筋コンクリートの壁が邪魔しているのも、原因の一つである。

調べてみると、最近、MIMOというものがある。これは、アンテナを3本ももった無線ルータを使うもので、壁などで反射した電波も使うので、格段に強度が上がるとのこと。

よし、これに決めた。ということで、機種を検討し、BuffaloのG108のセットにした。ルータとカードのセットである。http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/network/wzr-g108/

これまでもBuffaloの無線ルータだったもので、非常に簡単にセットアップが可能だった。すぐに動作し始めた。さて、結果はどうか。

速度:11bと比較すると、本当に早い。有線LANに匹敵する速度のようだ。カードを使わないと、T4のオリジナルのクライアントが動作して11gの状態になるが、それよりも相当に速い。やはり11gは、ちょっとしたことで、速度が下がるからである。

強度:家の端まで行っても、全く問題が無い。確かに強いようだ。しかも、速度が落ちないように思う。11gの状態では、余り状況が改善されない。ということは、カードがむしろ問題のようだ。

問題:これで問題が無ければ万々歳。しかし、世の中、そう簡単ではない。熱いのである。T4のカードスロットの奥あたりからの発熱がすごい。T4のタッチパッドのすぐ左側が非常に熱くなる。こんなに熱くて大丈夫か、と心配になるぐらいである。
 そこで、消費電力計を持ち出して、どのぐらいの消費電力なのか測定してみると、電力計が1Wまでしか精度が出ないので、非常に怪しい測定値ではあるが、カードを差して動作を開始すると4Wぐらいの消費電力が増えるのである。そこで、カードの仕様書を調べてみる。消費電力は、2300mWと書いてある。なんだか、それ以上の発熱をしているようだ。これでは常用するのは厳しい。特に、T4のような消費電力の少ないノートパソコンでは苦しい。ということで、結局、普段は11g状態で使用している。場所を移してパソコンを使用する場合にのみ、MIMOカードを使うことにした。結果的にかなり高い投資だったような気もする。

| | トラックバック (0)

移住しました

普通のHP公開経験9年。「市民のための環境学ガイド」(http://www.yasuienv.net/)という名称で、今年中には、訪問者数が400万人に到達しそうです。

商売柄、世界各国からメールのやり取りをすることが必須で、これまで、相当多くの国からインターネットへのアクセスを行いました。ラオスからもOK。タジキスタンからは駄目でしたが。

これまでも、モバイル通信とネットワークのHPも持っておりましたが、更新がちょっとだけ大変なので、ブログに移住することにしました。

いろいろな経験を皆様と共有してみたいと思います。現在の装備ですが、頑丈で電池がもつということでPanaのノートパソコンをCF-R1の時代から使い続け、昨年末に、CF-T4特別仕様になりました。少々重くなりましたが、電池の「もち」は格別です。

機器などについて、不満不平も掲載してきました。今後も継続予定です。

| | トラックバック (0)