« DIMEの必携モバイルBest5 | トップページ | 6月3日: ボーダフォンコネクトカードに転向 »

2006年5月 1日 (月)

怪:無線LANでCD-ROMが動作せず

訂正:5月3日。なんとなんと、内蔵の無線LANでも、同様の現象が出ることがあることが判明。なぜかUSBマウスの動きが悪いので、どうしたのだろう、と思っていたら、CD-ROMを読めないことが判明。ということは、無線LAN全体の話かもしれない。以下のように記事を訂正します。Buffaloさんの責任ではないかもしれないので、ここで陳謝。

 色々と探したのだが、この話、インターネット上のどこにも見つからないようなので、記述をすることとする。

 まず、パソコンの機種であるが、Panasonicのレッツノート、CF-T4Gのレッツ倶楽部特注品。他の機種は試していない。

 無線LANからの電波が動作を狂わせるといった話では勿論ない。ドライバー同士がリソースを奪い合って干渉している感じの話。よくありそうではある。

 まず、CD-ROM(DVDを含む)は何でもそのようになるようだ。現在、3種類を確認済み。

 無線LANアダプタは、当然のことながら、USBで使うものであって、今回、問題にしているのは、内蔵の無線LANとBuffalo製のWLI-U2-KG54という機種である。

 症状はこうである。CD-ROMをUSBに接続すると、一応、動作を開始する。そしてエクスプローラで見れば、ドライブの存在自体は見える。しかし、それを開こうとしても、何も起きない。通常、CD-ROMの容量や名称などがエクスプローラで見ることが可能であるが、それも見えない。

 この症状に出会ってから、色々と原因を探った。やっかいなことに、CD-ROMは正常に動作する場合も多い。職場では、有線LANに繋いでいることも多く、動作したりしなかったり。自宅では、USBタイプの無線LANを使うこともあるが、組み込みの無線LANを使う場合もある。理由は、職場では、無線LANを無効にしてあるので、自宅に帰って休止状態にあるノートパソコンを復帰させ、もっとも速く無線LANに繋ぐ方法が、USB無線LANを刺すことだからである。使ってみると、なかなか便利なのである。もともと、このUSB無線LANアダプタは、消費電力のテスト用に買い込んだものであったのだが。

 さて、CD-ROMが動作したり、動作しなかったりという状況で、何が原因なのか、さっぱり分からない状態が続いていた。USBからの給電が不足なのか、などとかなり様々な可能性を消去したのだが、どうしても分からなかった。

 そして、少々暇があったときに、最後の手段だ、とUSBそのものをシステムから削除してみた。そして順番にデバイスドライバーを入れていったときだ。無線LANを繋いだときに、「リソースがバティングしている」というメッセージをXPが出してきたのだ。

 ここまで分かれば、90%ぐらいは無線LANが悪いことになる。そして、復帰させるのも簡単であることが分かった。無線LANのデバイスを削除して、リブート。そして、CD-ROMを普通に使えばよい。それから無線LANを繋げば、しばらくは動く。しかし、無線LANを繋いだ状態でリブートすると、またCD-ROMが読めない状態になる。

 どうしてこんな状態になるのか、検討を続けたい。

|

« DIMEの必携モバイルBest5 | トップページ | 6月3日: ボーダフォンコネクトカードに転向 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164766/9838372

この記事へのトラックバック一覧です: 怪:無線LANでCD-ROMが動作せず:

« DIMEの必携モバイルBest5 | トップページ | 6月3日: ボーダフォンコネクトカードに転向 »